Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

チェイス・イン・ベニス | 映画レビュー

チェイス・イン・ベニス | 映画レビュー

伝説の名探偵エルキュール・ポアロは、現在第二次世界大戦後のヴェネツィアで自主亡命生活を送り、引退生活にうんざりしているが、確実に偽物の儀式を暴くことに多少の楽しみがあると期待して、有名な占い師が主催する交霊会に出席することにしぶしぶ同意する。 。 彼はそうしますが、ゲストの一人が殺されてしまいます。だって、これは殺人ミステリーですよね?

本作は俳優兼監督ケネス・ブラナーの3作目の犯罪スリラー『アガサ・クリスティ』である。 オリエント急行殺人事件 そして ナイル川の死 贅沢に制作され、上手に演出され、巧みに演じられています。 しかし、時折ハリウッドで大げさに宣伝することで、私からの批判も含めて、いくつかの批判を集めています。 カーチェイスとか銃撃戦とか。 今回ではない。

これは、彼がソース素材を変更しなかったという意味ではありません。 レディ・アガサ ハロウィーンパーティー 舞台はロンドンです。 それをムーディなゴシック ホラー ストーリーに変更し、かび臭いヴェネツィアの宮殿に移すことは非常に効果的です。 それは(ほとんどの場合)飛び降り恐怖に頼らなくても怖いし、信じられないほど信じられます。 とても楽しいです。

ブラナーは再び清掃員の刑事役を演じ、ティナ・フェイ(クリスティ監督?)は彼の事件を記録するミステリー小説家役でずる賢く面白く、ミシェル・ヨーは現場の透視能力を持っている。 そして脚本家のマイケル・グリーンに敬意を表します。

結論: たとえ不完全なクリスティの小説の映画化によって、新しい世代が彼女の多くの本を求めるきっかけになるなら、それは良いことだ。 (103分)

劇場で 今。

READ  羽生結弦が東京ドームで大観衆の中「Gift」を披露し気絶