Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

チャイとライとの有益な関係についての日本人の話

相互の懸念:
日本の議員は、台北代表団への訪問中に、台湾が脅かされた場合、それは日米同盟の安全に影響を与えるだろうと述べた。

  • SuYung-yawとJakeChung/スタッフ特派員、スタッフライター

台湾と日本の友情を深める必要があると、台北で日本代表団を率いる大倉正信氏は、頼清徳大統領(蔡英文)、ウィリアム・ロイ副大統領(賴清德)、そして日本人青年団のメンバーに語った。自由民主党。 電気通信による代表者。

衆議院議員である大倉氏は、代表団の西野太亮輔氏がコビット-19と診断されたため、チャイ氏とライ氏に直接会わなかったことを後悔していると述べたが、チャイ氏に感謝した。 鈴木典香実行委員会委員長等との会談。

大倉氏は、チャイ氏の強力なリーダーシップは過去6年間で世界的に認められており、その結果、台湾が政治、経済、国家安全保障においてどのように成長したかを認めたと述べた。

大統領行政府の写真提供

「台湾の安全が脅かされると、それは日本と日米同盟の安全に影響を与える」と彼は言い、日本は台湾の防空識別圏への中国の航空機の頻繁な侵入を懸念していると付け加えた。

安倍晋三前首相は、台湾、日本、米国の議員が「決定的なことをする」と信じており、昨年7月に3カ国の議員がこの問題について話し合ったと付け加えた。

「これらの問題について私が助けてくれることを願っている」と大倉氏は述べ、特に岸田文雄首相の政権が台湾との大きな友情を表明したことから、日台関係のさらなる深化に貢献したいと述べた。

公益社団法人国際支部会長のスージー・ナカシマ氏は、彼女の組織は過去60年間で75以上の友愛団体を歓迎してきたと語った。

長島氏は、支部のメンバーとその兄弟組織のほとんどが台湾を愛しており、世界中から多くの人が台湾を訪れることを望んでいると語った。

青年部の国際副所長である山口益氏は、電力とエネルギーの問題について台湾と会談したいと述べた。

西野氏は、チャイ大統領の健康について質問してくれたことに感謝し、2016年にこの地域で発生した大地震の後、クマオン本知事の樺島郁夫氏に代わって大統領と台湾国民に台湾の寄付を感謝するよう求められたと述べた。 。

コメントを確認します。 記事に関連するコメントを保管してください。 虐待的でわいせつな言葉、あらゆる種類の個人的な攻撃、または宣伝を含むコメントは削除され、ユーザーはブロックされます。 最終的な結果は、TaipeiTimesの裁量に委ねられます。

READ  日本とオーストラリアは「経済的強制」に強い反対を表明している