Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

チャールズ国王が故女王の友人のために購入した家

チャールズ国王が故女王の友人のために購入した家

レンガのファサードとプラスチックの窓枠が特徴で、彼女が女王のワードローブとして長年楽しんだカントリーハウスとは程遠い。

しかし、この46万5,000ポンドの3ベッドルーム・バンガローは、エリザベス女王の最も親しい腹心の一人、アンジェラ・ケリーさん(66歳)にとって、国王の寛大な寛大さのおかげで、ようやく我が家と呼べる場所となった。

観光省が昨年報告したように、ケリー女史は2022年の女王陛下の死から数カ月以内にウィンザー邸宅にあるグレードII指定の自宅を退去するよう求められた。

しかし、チャールズは、ひそかに家を購入することで、献身的な従業員に生涯の住居を提供するという母親の約束を果たすことを決意しました。

アンジェラ・ケリー(66歳)は故エリザベス女王の最も親しい腹心の一人だった
チャールズ王が故女王のドレスデザイナーであり個人助手だったケリー夫人のために購入したヨークシャーの家

ケリーが王室の秘密を共有することを妨げる協定の一部であると考えられている1980年代スタイルのこの物件は、バークシャーから260マイル離れたピーク地区に位置し、なだらかな丘陵の素晴らしい景色を眺めることができます。

遺産は王室のクーツ銀行口座から全額支払われており、ケリー氏が死亡すると王室に戻ると考えられている。

ウィンザーにある彼女の歴史的な邸宅の縮小バージョンかもしれないが、バンガローにはガス暖炉のある広々としたラウンジ、居心地の良いダイニングルーム、オープンプランのキッチンが備わっている。

ケリー女史は、2022年の女王陛下の死から数カ月以内に、ウィンザー邸宅にあるグレードII指定の別荘(写真)を退去するよう求められた。
2018年、アナ・ウィンター(右から3人目)、ブリティッシュ・ファッション・カウンシルCEOのキャロライン・ラッシュ(左)、王室ファッションデザイナーのレディ・ケリー(右から2人目)とともにファッションショーの最前列に座るエリザベス女王。

ケリー女史は女王陛下の働きについての本を2冊出版しており、3冊目の執筆について女王の許可を得ているとされている。

しかし、彼女に家を提供する一方、国王に代わって働く上級宮殿補佐官が取引の一環として機密保持契約を交わした。

NDAに詳しい関係者は、これをワードローブが商業目的で「王」と「宮殿」という言葉を使用することを禁止する「緘口令」だと呼んだ。

故女王はケリー女史を崇拝しており、2018年にはケリー氏と『ヴォーグ』編集者のアナ・ウィンターとともにロンドンファッションウィークに出席した。

2012年にビクトリア朝の君主に任命された彼女は、女王の最後の日々に寄り添う数少ない個人スタッフの一人であった。 しかし、ケリーは同僚の怒りを買うことが多く、その気性のせいで「AK-47」というあだ名が付けられました。

女王の死後、彼女が陛下の持ち物が入ったバッグを持ってウィンザーに戻ったとき、城の王室のアパートの鍵が変更され、無制限のアクセスは終了しました。

昨年5月、ケリーさんは北部での新生活に向けて古風な趣のある家を荷造りし、感無量の表情を浮かべているところを写真に撮られた。

READ  Microsoft Flight Simulator Freeware Airbus A330neo、Fenix A320、Christchurch、HamiltonIsland新しい映像を入手