Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

チュニジアが日本を破り、グリーンカップで優勝

ポストする: かわった:

大阪(日本)(AFP)- チュニジアは火曜日に大阪で日本を3-0で下し、4チームのグリーンカップで1位になりました。

後半、モハメド・アリ・ベン・ロムデンが10分にペナルティスポットから得点を挙げた後、フェルジャニ・チャッシとアリ・マルールが北アフリカ人に特別な勝利をもたらした。

チュニジアはワールドカップのグループDでフランス、デンマーク、オーストラリアと引き分けられており、先週の金曜日の準決勝でチリを2-0で下した後、今月の日本への効果的な旅行を反映している可能性があります。

チュニジアも日本もカタールと同点で、前半はタイトなチャンスを作るのに苦労しました。

ジャパンフォワードの南野拓実は、前半半ばにボールが落ちてボックスにボールを入れたとき、新鮮な空気の中でしかシュートを打つことができなかった。

Deutsche Kamataが10分後にバックポストに滑り込んだとき、彼は彼の慈悲でゴールを決めたときよりも悪いミスを犯した罪を犯しました。

前半の終わりに、南野はボールをネットに入れ、ラインマンは彼にオフサイドのフラグを立てた。

再スタートから10分後、アニス・ベン・スリマネがタハ・ヤシン・ケニシをボックスに放り込み、吉田麻也がタイミングを悪くしてチュニジアを10分リードした。

ロムデンは前進し、ゴールキーパーのダニエル・シュミットを超えてペナルティを打ち破った。

吉田と井桜の守備の組み合わせで、日本がチュニジアに1秒を渡したとき、ユスフ・マサクニがボックスを盗むことができ、サシはパスを終えようとしていました。

マルールは、怪我の際にカウンターで休憩した後、チュニジアに3回到着したときに、チュニジアにアイシングをかけました。

敗北した準決勝進出者間の前日の試合で、ガーナは0-0の引き分けの後、PK戦でチリを3-1で下しました。

ワールドカップ出場権を獲得したガーナは、アリドゥ・セイドゥとムバラク・ワカソに追放された後、9人で試合を終えた。

READ  中国、韓国、日本、ASEANは野心的な世界的権力構造に統合することができます