Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

チ・テウォン大統領の韓日関税撤廃要求の根拠

SKグループおよび大韓商工会議所のチ・テウォン会長が基調講演を行う
チ・テウォンSKグループ会長兼大韓商工会議所が14日、東京で開催された「第56回韓日ビジネス会議」で基調講演を行った。


大韓商工会議所のチ・テウォン会頭は、「韓日間の関税を完全に撤廃し、完全な貿易自由化に向けて進むことは、両国の実質GDPと消費者福祉を増加させるだろう」と強調した。 チ氏は、韓日が「同じ船で川を渡る」精神で、これまで以上に強力で一体的な経済協力関係を構築すべきだと強調した。


チ氏は5月14日、東京のオークラホテルで開催された第56回日韓ビジネス会議でこの基調講演を行った。


チー氏は、構造的成長の限界、出生率の継続的な低下、高齢化による成長エンジンの弱さなど、韓国と日本が直面する課題は非常に似ていると指摘した。 習主席は「国家競争力が脅かされている状況において、両国がこの危機を克服する方法は、協力し、各国の強みに基づいて相互補完的な経済関係を確立することだ」と述べた。


同氏は、韓国と日本の商工会議所が昨年6月に半年間かけて実施した調査結果を発表した。 この研究は、潜在的な相乗効果のあるプログラムやアイデアを含めずに保守的に実施された、両国間の関税完全撤廃の経済的影響を測定した。


チー氏は「さまざまな業界で生産の増加が見られ、双方のGDPと消費者福祉も増加した」と述べた。 この調査では、韓国の機械産業を除く12の産業セクターと日本のほとんどの産業セクターで生産が増加することが明らかになった。


一部の産業への重大な影響が懸念されているにもかかわらず、チー氏は「恩恵は両国に当てはまることが判明した」と強調した。 また、「技術革新につながる共同研究開発の波及効果や10年以上の長期的な効果を考慮すると、両国協力のメリットは大きい」と述べた。 このような協力は、両国がアジアの地域経済を主導し、米国や欧州連合などの主要国との関係における交渉力を強化することにつながる可能性がある。


チ氏は、こうした期待を現実にするための強力な手段として、韓日経済協力研究プラットフォームの設立を提案した。 習主席は「このプラットフォームを通じて、両国間の経済協力の範囲を個々の企業から産業および経済領域全体に拡大することが可能だ」と述べた。 「民間レベルで両国間の協力をさらに促進することが、このプラットフォームの目標です。」


第二に、両国が即時実施できる成功した共同プロジェクトを事例としてまとめることを提案した。 両国の新興企業が協力して、革新的なアイデアや経験を交換し、共同プロジェクトを特定または開発したり、高齢化問題に対処するための在宅医療システムを共有したりすることができます。


この日の行事には韓日の財界人ら約210人が出席し、両国間の協力策などを協議した後、5月15日に共同宣言が採択される予定だ。

READ  日本とパラオが台湾海峡の平和を推進