Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ティムケーヒルは大規模なワールドカップを待ち望んでおり、日本との競争を覚えています。

元オーストラリアのスーパースター、ティムケーヒルは、カタールのスタジアムの内外でゲームを変えるシーンを予想しています。彼は、オーストラリア代表チームと日本のサムライブルーが、1年後の日曜日に始まる2022FIFAワールドカップの最大のステージに再び進出する様子を描いています。 。

現在引退し、2022年ワールドカップのグローバルアンバサダーを務める41歳の元エバートンスコアラーは、アジアの成長の指標としての日本の最新のヨーロッパへの輸出の波の努力を称賛しながら、オーストラリアの過去の日本との戦いについて回想しました。

ケイヒルは、2006年のワールドカップの開幕戦でオーストラリアが日本に3-1で勝利し、2度の得点を挙げました。これは、両国間のサッカーのライバル関係の始まりを告げるものでした。

彼らは同じアジア予選グループからの最後の3つのワールドカップ決勝に進んでいますが、それが今回続くかどうかは、来年の各チームの4試合に依存します。

グループBで6試合を行った後、日本はサウジアラビアとオーストラリアのリーダーに4ポイント差をつけています。 最高の2つのチームは自動的に予選を通過し、3位のチームはプレーオフのペアを進める必要があります。

「オーストラリアも日本もワールドカップの出場権を獲得できなかったとしたら、彼らは長年独占していたので、それは大失敗になるだろう」とケイヒルは最近言った。 「現在、サウジアラビア、オーストラリア、日本という3つの(上位の)場所は、どんな種類の間違いでも、これら3つの場所の1つがプレーオフに参加しなければならないことを意味します。」

「わくわくしています。それほど簡単ではありませんでした。最後の2つのキャンペーンでさえ、ワールドカップへの出場は最も困難でした。カタールを含む他の国がどれほど成功したかを人々は理解していないと思います。とサウジアラビア。」

2006年6月12日にドイツのカイザースラウテルンで行われたワールドカップグループステージの試合で、オーストラリアのティムケーヒル(右)がチームメイトのハリーキューウェル(左)と日本の熊野雄一をパスしました。 ロイター

前回の10月に日本がオーストラリアを2対1で破ったとき、埼玉のサッカーーのファンが試合会場を参考に「カイザースラウテルンに連れて行って」と書かれた看板を掲げているのを聞いて、ケイヒルは笑顔を見せた。 。 15年前のドイツでの彼らの有名な勝利。

「私にとって、おそらく私のキャリアの中で最も不思議な瞬間の1つは日本に直面したことでした。残念ながら、それはワールドカップでの私の最初の目標でした。オーストラリアにとっては、ワールドカップでの目標でした」とケイヒルは言いました。オーストラリア代表チームの記録。 50ゴールのトップスコアラー。

「私のニックネームは 『サムライキラー』です。これは素晴らしい褒め言葉です。」

彼の名前とSocceroosへの物理的なアプローチは、サムライブルーのファンの心に永遠に忘れられないイメージを生み出しますが、Cah​​illは、近年の母国のサッカーブランドの変化が長期的にはプラスの効果をもたらすと信じています。

日本には、他のアジアチームだけでなく、地域外のチームに対しても、「(秀敏)中田、(キスケ)ホンダ、(シンジ)香川のような一貫してこれを行うことができる選手」がいると彼は語った。

彼はまた、オーストラリアはヨーロッパと南アメリカの国々を、その身体性だけに基づくのではないアプローチでテストしようとしていると付け加えた。

「アンジ・ポステコグルーの時代に、私たちは文字通りサッカーとは何かを理解したと思います…日本で負けたのを覚えていますが(2017年は2-0)、より多くの所有権を持ち、ゲームをコントロールし、満足していました。損失。私たちは理解しました。今の対策は、物理的にではなく、技術的に日本を打ち負かす方法です。」

カタールと日本が変化を受け入れ、アジアのサッカーを可能な限り最高の光に照らしていると見ているケイヒルにとって、変化と成長は支配的なテーマです。

彼は、2011年に怪我からのリハビリテーションに来たとき、彼の「カタールとの最大の関係はおそらくあった」と述べた。 39歳になるまでブーツを脱がなかった選手は、「最新の設備が大好きで、体を最大限に活用している…カタールは私が尊敬していた国だった」と語った。

カタールでは、シーズン半ばのキックオフとエアコン付きのスタジアムの使用により、最大のサッカーショーが伝統を打ち破ります。 Cahillは、決勝に到達したことのないカタールが、32チーム形式を使用したワールドカップのホストとしての地位に値すると信じています。

「彼らは(2019年に)ワールドステージでアジアカップに勝ち、連勝を達成し、草の根、自国の経済、そしてワールドカップに必要なすべてのものに投資しています。エキサイティングだと思います。 ” 彼は言った。

「日本、オーストラリア、カタールの人口を考えると、30万カタールの人口でアジアカップに勝つことはほとんど不可能です。」

8つのスタジアムのうち7つはエアコンが完備されており、Cahillは、スタジアムの近く(すべて70マイル以内)がトーナメントの雰囲気を改善すると強調しています。

2011年のAFCアジアカップ決勝戦を主催したハリーファ国際スタジアムについて、「決勝戦で負けたので私のお気に入り」かどうかはわからなかったが、「まったく違うレベルに改装された」と語った。 )」と彼は冗談を言った。

彼は、アルトゥママスタジアムのデザインは 許し (編まれた帽子)中東各地で着用されており、「真の文化的アイコン」です。

ティム・ケーヒルのゴールの試みは、2011年1月29日にドーハで開催された2011 AFCアジアカップ決勝で日本の吉田麻也(左)と岩政大樹(右から2番目)によってブロックされました。 ロイター
ティム・ケーヒルのゴールの試みは、2011年1月29日にドーハで開催された2011 AFCアジアカップ決勝で日本の吉田麻也(左)と岩政大樹(右から2番目)によってブロックされました。 ロイター

そして、ケイヒルはカタールが将来のワールドカップ開催国の水準を引き上げることを期待しているが、ケイヒルは日本の輸出の次の波がアジアのすべてのサッカーのピッチで同じことをしていると見ている。

元トフィーのスターは、マージーサイドの元自宅から「赤半分」でプレミアリーグの巨人リバプールでプレーする26歳のストライカー、南野拓実に特別な言葉をかけました。

「南野は日本のアイコンです。彼はアイコンです。彼が自分の国のためにやったことをようやくクラブを去るまで、人々は気づきません。彼は世界最大のクラブの1つでプレーします」とCahillは言いました。

「彼がカップマッチでプレーでき、彼の国のためにうまくプレーできれば、それは彼の国を強くするだけです…オーストラリア代表チームのプレミアリーグには1人のプレーヤーがいません。もっと多くのプレーヤーが必要です。少なくとも英国プレミアリーグとヨーロッパのベンチで。」

英国の日本代表は、日本のストライカーである古橋亨吾がスコティッシュプレミアリーグのセルティックで力強いスタートを切ったことで成長を始めており、ケイヒルは日本の選手たちが新境地を開拓したことを誇りに思っていると語った。

「(冨安健)トミヤスは私の親友のミケル・アルテタ(監督)が働いているアーセナルにいる。彼は毎週プレーしている。それは素晴らしいことだ」とケイヒルは語った。

「南野を日本のサッカーのシンボルとして見ているのは、彼が私たちを地図上に置いているからです。私はプレーヤーとして別の視点から物事を見ており、彼は私たちの地域を代表するアジアのプレーヤーです。それがリバプールであろうとエバートンであろうと、彼はアジア人で、私たちを代表しています。」

「彼がワールドカップに出場するために日本が違いを生むために必要なちょっとしたセンスを加えてくれることを願っています。」

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  誰も楽しむことができない美しく設定されたオリンピックのシュールな光景|للاستمتاع 東京オリンピック2020