Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ティムール・ベクマンベトフ by J-Horror Wraps

Jホラー ふくらんでいる によって特徴付けられます ゴッサム ベン・マッケンジー そしてその 地平線を越​​えて 女優 ボヤナ・ノバコビッチ 日本での主要撮影を終え、今日知ったブラッディ・ディスガスティング。

映画の中で…

“物語 この映画は、母親(ノバコビッチ)と 2 人の息子が日本で休暇を過ごしている間、家族の父親(マッケンジー)は軍の将校であり、トルコにいることを中心に展開しています。 東京の外に住んでいる間、彼らの末っ子は湖で溺れそうになりました。 事故の直後、両親は息子に何か問題があることに気づきました。」

撮影場所には、最も有名なランドマークの 1 つである渋谷交差点がある東京と、有名な富士山で知られる山梨が含まれます。 日本のすべてのホラー映画の伝統によれば、 ふくらんでいる プレスリリースによると、撮影は地元の寺院での祝福から始まりました。

ふくらんでいる 東京ホラー映画監督による脚本・監督作品 パブロ・アブシント. 新たな恐怖が現れる 小泉凡ラフカディオ・ハーンは、日本の伝説的な民俗学者でホラー ストーリーの収集家であり、彼の博物館の館長でもあります。 映画の登場人物たちは、日本の民間伝承の神秘的な悪魔についての答えを求めて、最終的に彼のところにやってくるでしょう. 彼の曽祖父ハーンはキダン (怪談) の養父となり、西洋の聴衆にこれらの民話を語り直した最初の外国人になりました。 日本の古典的な怪談や怪談など ミミナシホシの話 そしてその ユキオンナ 彼の小説のおかげで知られています。

ふくらんでいる 映像監督としては2度目の共同制作 ティムール・ベクマンベトフ生産バナー バシリエフ (友達じゃないそしてその 求めるそしてその プロフィール)とフランスの製造・販売会社 パルサーコンテンツ (ディープ・ハウス)。 彼らのオープニング パートナーシップ、SF 映画 送信済、 チャンピオンシップ 起きていて 俳優 デイブ・デイビス と出力 イゴール・バラノフ、今月初めにトロント映画祭でバイヤーに。

両方の映画は、映画の登場人物が使用するデバイスのスクリーン上で物語が展開されるため、ベカンベトフの独特のシネマティック ライフ 映画の制作方法に基づいています。 スクリーンライフ初版、 友達じゃない、ユニバーサルから、2015年に全世界で6,500万ドルを売り上げました。 求めるデブラ・メッシングとジョン・チョーが主演し、ソニー・ピクチャーズに買収され、7,500万ドルの収益を上げました。 Bekmambetov は、100 万ドル未満で撮影された 2 つの映画のプロデューサーでした。

READ  ママの愛は桃のスライスの形で来ます