Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

テイラー・スウィフトが2023年のApple Musicアーティスト・オブ・ザ・イヤーに選ばれた

テイラー・スウィフトが2023年のApple Musicアーティスト・オブ・ザ・イヤーに選ばれた



ナオミ・クラーク、PAエンターテインメントレポーター

テイラー・スウィフトは、ポップスターとしての記録的な年を経て、2023年のApple Musicの年間最優秀女性アーティストに選ばれた。

33歳のアメリカ人歌手は、アメリカ大陸のスタジアムを満員にし、多くの賞を受賞し、今回はテイラーズ・バージョンという名前でアルバム『スピーク・ナウ』と『1989』を再発してチャートを独占し続けた。

同ストリーマーによると、2023年には世界中のどのアーティストよりも多くのApple Music加入者がスウィフトを聴き、プラットフォーム上での1年間のあらゆるアクトの最多リスナーの新記録を樹立したという。

MTV ビデオ ミュージック アワード 2023 – ショー – ニュージャージー

テイラー・スウィフトは今年、チャートを席巻するとともに数々の賞を受賞した。 写真: ダグ・ピーターズ/ペンシルバニア州。 写真撮影:ダグ・ピーターズ

同プラットフォームはまた、同歌手は今年最初の10か月間、Apple Musicのデイリーグローバルトップ100に他のどのアーティストよりも多くの楽曲を持ち、65曲がリストに入ったと述べた。

スウィフトの 2 曲、「Anti-Hero」と「Cruel Summer」も、全世界の Apple Music の年間トップ 20 ソングの中でそれぞれ 6 位と 15 位にランクインしました。

「アンチ・ヒーロー」も全英トップ20でマイリー・サイラスのヒット曲「フラワーズ」に1位を奪われたばかりの2位となった。

レイと070シェイクの人気曲「エスカピズム」が3位、デイヴとセントラル・シーの「スプリンター」が4位、レマとセレーナ・ゴメスの「カーム・ダウン」が5位となった。

カルヴィン・ハリスとエリー・ゴールディングの「ミラクル」が6位、ベンビーとゴダードの「メッシー・イン・ヘブン」が7位、「スイッチ・ディスコ・リアクト・ウィズ・エラ・ヘンダーソン」が8位となった。

グラストンベリー フェスティバル 2019 – 5 日目

マイリー・サイラスが英国のApple Musicチャートで首位を獲得した。 写真: アーロン・チョウン/ペンシルバニア州。 写真撮影:アーロン・チョウン

デヴィッド・ゲッタとビービー​​・レクサの「アイム・グッド(ブルー)」は9位にランクインし、ハリー・スタイルズの「アズ・イット・ワズ」は10位にランクインした。元ワン・ダイレクション・スターのヒット曲が、2​​022年に最もストリーミングされた曲としてトップ10入りした。イギリス。 イギリス。

今年はまた、J-POP (ジャパニーズポップ) を含む多くの国際的なジャンルが台頭し、世界トップ 10 に 2 曲がランクインしました。YOASOBI のアイドルが 7 位、ヒゲダンディズムの公式翻訳が 10 位になりました。

今年はアフリカ音楽の人気も高まっており、ナイジェリアのスター、レマがセレーナ・ゴメスとリミックスした「カーム」がワールド・ソング・チャートで12位となり、アフリカの歌としては史上最高位となった。

一方、ムジカ・メキシカーナの4曲は、ペソ・プルマとエスラボン・アルマードの「エラ・バイラ・ソラ」が18位となり、これまでにない形でグローバル・ホット100入りを果たした。

カントリーミュージックも引き続き人気があり、モーガン・ウォーレンの「ラスト・ナイト」がApple Musicの2023年のソング・オブ・ザ・イヤーで全世界で第1位を獲得し、カントリー・ソングとしては2019年のリル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロード」以来の快挙となった。 。

READ  トニックウォーター: かつては東京の中心部であった銭湯が、新世代に向けて再定義されています