Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

テイラー・フリッツがジェームズ・ダックワースを破り、2回戦進出

アメリカのテニス選手、テイラー・フリッツは、水曜日にここでオーストラリアのジェームス・ダックワースを6-2 6-7(2) 6-1で破り、ジャパン・オープンの第2ラウンドに進んだ。

第3シードのフリッツは、新型コロナウイルス感染症の影響により、先週のソウル大会を控えて棄権を余儀なくされた。 1週間の完全な隔離の後、彼はダックワースとの初戦の朝、東京への2時間の旅行に間に合うように許可されました.

「(私は)思っていたよりも気分が良い」とフリッツは言った. 試合後の記者会見で。

また読む: 全国大会:バドミントン男子シングルス決勝でサイ・プラニスがミトゥン・マンジュナートと対戦

アメリカ人は体調が悪く、隔離期間のほとんどを自分の部屋で運動できませんでしたが、この 3 日間は運動を始めました。 しかし、彼は日本に入国してから前向きな考え方を維持し、ペッパーストーン ATP ライブ レース トゥ トリノで 10 位を更新する機会を得ました。

ATPファイナルズでのデビューを目指しているフリッツは、「何らかの理由で、ロックダウンから抜け出してうまくボールを打てる自信があった」と語った。

「本当に病気で何もできなかったので、有酸素運動とコンディショニングについてもっと心配していました。幸いなことに、ピッチが非常に速かったので、長いポイントをプレーしなかったので、フィジカルは大丈夫でした。」

フリッツは第 1 セットを支配し、第 2 セットの早い段階で 2 つのブレークポイントを獲得しましたが、コントロールを維持するのに苦労したため、タイブレークを強制するためにブレークダウンから回復しなければなりませんでした。 ダックワースは自信に満ちた決定セットを開始し、リターンで 15/40 の早いオープナーを作成しましたが、アメリカ人はチャンスを消し去り、5 ゲームの連勝を開始して試合を締めくくりました。

「第3セットは少し怖かった。いくつかのブレークポイントだった。それでも僕はうまくプレーした」とフリッツは言った。彼は24本のサービスエースを打ち、ファーストサーブポイントの88% (50/57)を獲得した。

「彼が私を殴ったり、私を殴ったりするなんて考えたこともなかった。私は第2セットでチャンスを逃してしまった。私は自分のサーブで本当に悪いゲームをした. 確かに彼はより良いプレーをしていた.いくつかの良いポイントをプレーしましたが、私は言われました.第3セットでは、自分がしていたことを続けるために.それから私は彼を改宗させましたが、彼は最高のイコライザーを与えませんでした。」

また読む: インドのPR SrejeshとSavita PunyaがFIFA最優秀ゴールキーパーを獲得

トリノのレースでの自分の立ち位置に注目して、このアメリカ人は、Covid-19 でソウルと東京を逃したとき、打ちのめされていただろうと語った。 優勝後、彼は自分のお気に入りのトーナメントの 1 つであると説明した大会でプレーを続けられることに感謝していました。

フリッツは第 2 ラウンドで日本人敗者の守屋弘樹と対戦し、試合は木曜日の夜に有明コロシアムで行われる予定です。

野口亮と並んで第2ラウンドに残った2人の日本人選手の1人である本命選手との本塁打について、彼は「楽しくなるだろう」と語った。

「良いプレーをしなければならない。明らかに、これまで経験してきたすべての影響をまだ感じているので、一度に1試合ずつ行って、ただ外に出て競争しなければならない。プレーすることに興奮している.夜、ホームの観衆の前で。」

すべてのファイルを読み取る 最新のスポーツニュース そしてその ニュース速報 こっちに

READ  ウクライナはスペインとポルトガルと共に 2030 FIFA 男子ワールド カップの開催国として立候補します。 フットボール