Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

テキサス州の男性、105歳で13回目の日食を目撃する予定

1963 年、ラバーン バイザーと家族はオールズモビルのステーション ワゴンに乗り込み、自分たちの車を見るためにテキサスからメイン州まで約 3,000 マイルを運転しました。 最初の日食

「大冒険中に日食の完璧な写真を撮りたかったので、車には荷物とたくさんのカメラ機材が積まれていました」と当時45歳だったベッサーさんは語った。

その旅行の後、バイザー氏は、自分の車に何千マイルも余分に費やすことになると分かっていたと語った。

「この一回の日食だけで十分だ」と彼は言った。 「1つ見ただけで全部見なければならなくなった。すっかり虜になってしまいました。」

その後 60 年間、彼は完璧な眺めを得るためにニューメキシコから黒海まであらゆる場所を旅し、さらに 11 回の日食を観察しました。

現在、105歳のベッサーさんは、月の影で最後の瞬間を待ちたいと願っている。 今週末、孫娘の一人がフォートワースからテキサス州プラノにある娘の家まで車で送ってくれる予定で、13回目の日食(2018年以来米国で見られる最後の皆既日食)を見ることができる。 20年

6月に誕生日を迎えるベッサーさんは、「次回は参加しないかもしれない」と語った。 「だから、これを見るのに十分天気が協力してくれることを願っています。晴れを祈っています。」

同氏は、フォートワースからプラノまで1時間の旅をしているのは、そこでは日食がさらに1分長くなり、太陽が完全に隠れてしまうからだ、と語った。

「日食を愛する人にとって、これは大きなことです」と彼は言いました。

月曜日の日食の間、空は国の多くの地域で曇ると予想されているが、バイザーは彼の年齢で、その困難を克服することに慣れている。

「クレイジーな人生が私の秘密です」と最近自分の話をシェアしたベッサーは語った。 ダラス・モーニング・ニュース。 「私はアルコールを一口も吸ったことも、煙草を一服も吸ったこともありません。毎日チョコレートミルクをたくさん飲んでいるだけです。私は今でも好奇心が旺盛で、楽しむことが好きです。」

ベッサーさんは数年前に運転をやめ、妻のマリオン・ベッサーさんが昨年亡くなって以来、現在は介護者がいる。 彼は今でも手作りの望遠鏡を調整したり、夜空を眺めるのを楽しんでいると語った。

「大都市に住む現代の子供たちの多くは、これまで星空を一度も見たことがありません」とバイザー氏は言う。 「今の子供たちは知らない 北斗七星 そしてその 北極星。 私はいつも、成長して毎晩天の川を見ることができて幸運だと感じていました。

バイザーさんは、オハイオ州の農場で育ち、そこで二人の兄弟とともに屋外で多くの時間を過ごし、科学と自然界に対する認識を深めたと語った。

オハイオ州立大学で機械工学の学位を取得して卒業した後、フォートワースのカーズウェル空軍基地近くのゼネラル・ダイナミクスで 40 年以上航空機の設計に携わりました。

彼と妻は、しばしば 3 人の子供たちを夏の長いドライブ旅行に連れて行き、途中で歴史的建造物に立ち寄りました。 ベーサーさんの娘、キャロル・バイザー・バーロウさんは、高校を卒業するまでに49の州を訪れたと語った。

今週末プラノで父親を迎えることになるバーロウさんは、16歳のときのメイン州への長旅を特に覚えていると語った。

「私たちはテキサスからまっすぐ北に向かい、カナダへ渡り、そして再び米国に戻ってきました」と彼女は語った。 「父は旅行が好きで、この日食にとても感銘を受け、できるだけ多くの日食を休暇のスケジュールに組み込むことが目標になりました。」

76歳のバーロウさんは、結婚式を近々予定していたことを思い出した 1972年の日食

「私は結婚式の候補日を2つ考え、1つは6月3日、もう1つは7月8日について両親に話しました」と彼女は語った。 「父はこう言いました。『渡してほしければ、もっと早い日付を選ぶべきだ。7月8日にはここには来ないよ。』」 彼には日食を迎える必要があった。

ベッサーさんはネブラスカ州からブラジルまであらゆる場所で日食を目撃しているが、一番のお気に入りの旅行は1979年に数人の友人とノースダコタ州ウィリストンへ行った旅行だと語った。

「真っ暗な空にカメラを向けていたにもかかわらず、完璧に記録することができました」と彼は語った。 「安全は常に最優先です 目の怪我を防ぐ。 狙いがうまくいき、日食全体を撮影することができたときは本当に興奮しました。

彼は、月曜日にはもっと写真を撮り、この珍しい天体の出来事のあらゆる段階を楽しむ準備ができていると語った。

「本当に驚くべきことだ。昼間の暗い空ほど素晴らしいものはない」とバイザーさんは語った。 「これを見ると、私はいつも幸運な人だと感じます。人生のどこにいても、私たちは皆、宇宙の小さな点にすぎないことを思い出させます。」

READ  グリーンランドの氷河は20年前の5倍の速さで溶けている