Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

テクノロジーの進歩と円安のおかげで日経平均は34年ぶりの高値で取引を終了

テクノロジーの進歩と円安のおかげで日経平均は34年ぶりの高値で取引を終了

東京:テクノロジー株が米国株の一晩の上昇を模倣する一方、円安が輸出企業株を押し上げたため、日本の日経平均株価は34年ぶりの高値で取引を終えた。

日経平均株価は2.01%上昇して3万4441.72ポイントで取引を終え、1990年2月以来の高値で取引を終えた。同指数は1990年3月以来初めて3万4000ポイントの水準を超えた。

総合的なTOPIX指数は1.3%上昇して2444.48ポイントとなり、1990年3月以来の高水準となった。

三井住友DSアセットマネジメントのチーフマーケットストラテジスト、市川正博氏は「日経平均株価が3万4000円台に上昇し、投資家の株買いが活発になった」と述べた。

S&P500とダウジョーンズは昨夜下落して取引を終えたが、ハイテク株の多いナスダックは上昇した。

東海東京経済研究所の市場アナリスト、安田章太郎氏は「円安が日本株にとってのきっかけだった。対ドルでの円高がセンチメントに影響を及ぼし、日経平均株価の上昇が限定的となった後に起こった」と述べた。昨年末。」

今週後半に米連邦準備制度理事会の政策に影響を与える可能性のある米国のインフレ統計の発表を前に、アジアの取引で日本円が対ドルで下落した。 [FRX/]

円安は企業が海外利益を日本に送金する際に海外利益の円換算額が増えるため、輸出業者にとっては有利だ。

ユニクロブランドの衣料品チェーンを運営するファーストリテイリングは3.83%急騰し、日経平均の最大の下支えとなった。

半導体製造装置メーカーの東京エレクトロン株は1.91%上昇し、京セラセラミックス株は6.09%上昇した。

ソニーグループ株は3.82%上昇し、TOPIX指数の最大の支えとなった。 キーンズ・エレクトロニクス・マニュファクチャリング・カンパニーの株価は4.86%上昇した。

コンピュータメーカーの富士通株は1.94%下落し、割合で最も大きく下落した。

構成銘柄 225 銘柄のうち、176 銘柄が上昇、47 銘柄が下落、2 銘柄が安定しました。

READ  コジマの噂のホラーゲーム「overdose」の映像がネットに流出