Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

テクノロジー大手の富士通がハッキングされたと主張、データ侵害を警告

テクノロジー大手の富士通がハッキングされたと主張、データ侵害を警告

画像クレジット: ピーター・パークス/AFP/ゲッティイメージズ

多国籍テクノロジー企業の富士通は金曜日の声明でサイバー攻撃を認め、ハッカーが個人情報や顧客情報を盗んだ可能性があると警告した。

富士通は「社内の複数の業務用パソコンでマルウェアの存在を確認し、社内調査を行った結果、個人情報や顧客情報を含むファイルが不正に削除される可能性があることが判明した」としている。 彼女の声明では ウェブサイトでは日本語から翻訳されています。

富士通は、影響を受けたシステムをネットワークから切断し、ネットワークがどのようにマルウェアによって侵害されたのか、また「情報が漏洩したかどうか」を調査していると述べた。

技術グループは使用されたマルウェアの種類やサイバー攻撃の性質については明らかにしなかった。

富士通はまた、どのような種類の個人情報が盗まれた可能性があるか、またその個人情報が従業員、企業顧客、政府が同社の技術を使用している国民など誰に関連しているかについても言及しなかった。

富士通は日本に本社を置き、約 124,000 人の従業員を擁し、世界中の政府および民間部門の顧客にサービスを提供しています。 このテクノロジー企業は最近、英国の郵便局職員数百人に対する不当な有罪判決における同社の役割をめぐって新たな騒動に直面しており、彼らは後に富士通が開発したHorizo​​nコンピュータソフトウェアのエラーが原因とされる虚偽会計と窃盗の罪で告発された。

富士通の代表者は、サイバー攻撃に関するTechCrunchのコメント要請にすぐには応じなかった。

富士通は、個人情報が盗まれる可能性を「予期して」日本のデータ保護当局である個人情報保護委員会にこの事件を報告したと述べた。

同社は、米国を含む政府やその他の当局に必要なデータ侵害通知を提出したかどうかについては明らかにしなかった。


富士通ハックについて詳しく知っていますか? この記者に連絡するには、Signal および WhatsApp(+1 646-755-8849)または電子メールでご連絡ください。 SecureDrop 経由でファイルやドキュメントを送信することもできます。

READ  香港のユーザーがデリバティブ取引を禁止するための暗号交換バイナンス