Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

テヘラン大学と日本大使館が社会経済開発に関する覚書に署名

テヘラン大学と日本大使館が社会経済開発に関する覚書に署名

テヘラン – テヘラン医科大学と日本大使館は、草の根人間の安全保障プロジェクト プログラム (GGP) に対する無償資金協力の恩恵を受けるための覚書に署名しました。

GGP は柔軟でタイムリーな資金調達スキームであり、人々の基本的な人間のニーズに対処する市民社会組織 (BHN) によって立ち上げられた草の根の社会的および経済的開発プロジェクトを支援します。

GGP は、健康、教育、技能訓練、社会福祉などのさまざまな分野の改善に貢献することを目的としています。

水曜日のテヘランでの会合で、テヘラン日本大使の相川一俊氏と、テヘラン医科大学ジハード・ダネシュガヒエ学長(教育、文化、研究のためのアカデミックセンター)のマスード・ハビビ氏が覚書に署名した。

相川氏は、1999 年以来、157 の GGP プロジェクトがイランで実施されており、日本政府はこれらのさまざまな分野、特に健康と衛生の分野でイラン政府と協力してきたと述べました。

この協定は、健康、教育、技能訓練、社会福祉などのさまざまな分野を対象としています。彼は、最初のプロジェクトはテヘラン州での高齢者用保護医療機器の導入であると説明しました。これは、健康診断と、電子機器を使用して高齢者の健康と病気の状態を追跡するためのものです。

ハビビ氏は、GGPの形で世界中で人道的活動を実施することにより、日本は国家間の友好とコミュニケーション、そして持続可能な世界的発展の達成に向けた重要な一歩を踏み出していると述べました。

彼は、適時に高齢者の健康を促進および監視することに加えて、イランの新しい高齢化現象に真剣に注意を払い、文化に沿ってこのインフラストラクチャの機能を活用する機会があることへの希望を表明しました。教育と研究。 目的。

彼は、科学的な管理と老化の結果への効果的な対処により、何年にもわたって世界の平均余命をリードしてきた日本の貴重な経験を利用することは、イランの国内戦略の指針となり得ると疑いなく説明した.

高齢のイラン人の数は現在 920 万人で、国の人口の 7.10% を占めています。

オーバー [Iranian calendar] 1410 年 (2031 年 3 月 – 2032 年 3 月) には、高齢者人口は 1350 万人に達し、国の人口の 14% に達し、イランは正式に古い国になります。

イランにおける高齢化の問題は、3 つの側面から見て非常に特殊です。 第二に、これらの非常に急速な量的変化に加えて、女性化などの質的変化が加齢に伴い発生します。

イランの高齢化の第3の特徴は、健康・栄養分野の進歩により平均寿命が延びたことに加え、出生率の低さから高齢者のためのインフラが整っていないことです。

イランでは、女性 1 人あたりの子どもの数が 2.1 人未満という、代替を下回る出生率が発生しています。これは、ある世代が自分自身を置き換えるのに十分な子どもを生み出しておらず、最終的には完全な人口減少につながっていることを示唆しています。

人口の高齢化とその悪影響は、地域および世界における国の政治、経済、および安全保障の状況に浸透します。

FB/MG

READ  次の経済週間: 10月23日~27日