Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

テレワーク施設が空室になる中、日本は新型コロナウイルス補助金を再検討する予定

テレワーク施設が空室になる中、日本は新型コロナウイルス補助金を再検討する予定






2024年4月30日に撮影されたこの写真は、福島県白河市の共同作業場を示しています。 (京都)

東京(京都) – 資金で建設されたリモートワーク施設が使用されなくなり、日本の自治体はコロナウイルス時代の政府補助金の使い方を再考せざるを得なくなっていることが、京都ニュースの調査で日曜日に明らかになった。

1年前に新型コロナウイルス感染症の法的地位が季節性インフルエンザと同じカテゴリーに格下げされたため、利用客の減少によりすでに一部の施設は閉鎖を余儀なくされている一方、お見合いなどのイベントを主催して再建した施設もある。

中央政府は感染症発生後の2020年度以降、総額18兆円(1176億ドル)の臨時補助金を予算化している。

愛媛県宇和島市は110万円を投じて2021年3月に従業員が旅行しながら働ける「就労」施設を開設した。 しかし、立地が不便なため、2021年度の利用者は5名にとどまった。

この施設は2022年度から2023年度まで使用されず、今年初めに閉鎖された。

北東部の福島県白河市は2020年度に1億6000万円を投じて共用スペースを建設したが、1日の来客数はわずか1桁にとどまっていることが調査で判明した。

州の他の地域では、アイスバンジュにある既存のコミュニティセンターをリモートワーク施設に改修するための補助金が訪問者を呼び込むことができなかった。

「田舎では、会社に行くことが(再び)標準になっている」とアイスバンゲ市職員は語った。

一橋大学大学院経済学研究科の佐藤元裕教授は「多くの自治体の政策は他自治体の方針を踏襲しており、地域の実情やニーズに合っていない」と指摘する。

佐藤氏はまた、各自治体における人材育成の必要性を強調した。

READ  USSロナルドレーガンは中東への150日間の奉仕の後に日本に戻ります