Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

テーマパークは、流行にもかかわらず、韓国人に日本への御馳走を与えます



2021年11月に撮影されたこの写真は、日本の江戸時代(1603-1867)のスタイルで韓国の東豆川にオープンしたテーマパークを示しています。 (共同通信)

韓国、東ドック(京堂)-ソウルの北約60キロの都市に、コロナウイルスのパンデミックのために通常の旅行が不可能なままである一方で、訪問者が日本に戻ったように感じる遊園地があります。

北との国境からそう遠くない韓国の東豆川にあるスタジオ二地森は、日本の江戸時代(1600年から1860年)に訪問者を連れ戻す建物のグループを備えており、9月にオープンして以来人気のある観光スポットになっています。

友人と公園のカフェにいた30歳のホン・スンヒョンさんは、「ずっと日本に旅行したいと思っていたので、この場所が近くにあることに気づいたので、訪ねることにしました」と語った。 。

「私が日本を体験した唯一の方法は写真を通してでした、そして国が私が持っている写真に描かれているので、私はここでそれが好きです。」

約4ヘクタールのテーマパークは、もともと日本のシーンを含む多くの地元のドラマのための映画セットでした。 ニジモリスタジオのキム・ソンモ総支配人は、両国の文化の架け橋となることを期待して、このグループがスペースをより有効に活用するためのテーマパークに変わったと語った。

また、48歳の彼は、「普通の人がいつでも来て、エンターテインメント業界を楽しんで参加できる場所」にするために努力したと語った。 このため、訪問者が実際に日本海の反対側にいるかのように感じるように、日本の雰囲気をできるだけ忠実に表現するようにしてください。

テーマパーク内には、寿司屋やラーメン屋、高級旅館があり、1泊50万〜80万ウォン(420〜680ドル)で宿泊できます。 着物をレンタルして、民族衣装を着て公園を散歩することができます。

和風ベーカリーやカフェもあります。 テーマパークの家具や食器の90%以上が日本から出荷されました。 入場料は2万ウォン。

公園は週末に1日あたり約2,000人の訪問者を、平日には約700人の訪問者を魅了しています。

テーマパークがオープンする前に、キムは歴史的および外交的な違いをめぐる韓国と日本の間の冷淡な関係を考えると、特に議員からの激しい批判に直面しなければなりませんでした。

韓国の最高裁判所が第二次世界大戦中に韓国人に強制労働を補償するよう日本企業に命じた2018年以来、関係は特に緊張している。

翌年、日本は、ディスプレイパネルや半導体の製造に使用される主要材料に対して、韓国に対してより厳しい輸出規制を課しました。 韓国の消費者の間での日本製品のボイコットはすぐに続いた。

「政治的ではなかったので、他の人が言ったり心配したりすることはまったく気にしなかった」とキム氏は語り、テーマパークで人々が楽しんでいるのを見てうれしかったと付け加えた。

キム・ウンヘさん(38)は、実際に日本に旅行するのではなく、自分が楽しめる活動を探していたときに、ニジモリスタジオに行くことにしたと語った。 彼女にとって、文化的経験はまた、両国間の政治的な違いとは別のものです。

「(政治は政治)そして文化は文化だ」と彼女は着物を着た母親の写真を撮りながら言った。

総支配人のキム氏は、訪問者が選択できる追加の活動を提供するために、より多くの建物を建設する予定であると述べた。

彼はまた、米軍が市内の基地からほとんど撤退した後、公園の人気が東ドックン地域全体に経済的に役立つことを望んでいます。

「ニジモリスタジオは、地域経済の活性化、市のイメージアップ、雇用創出に大いに役立つことを期待しています。」

READ  嵐が病院に負担をかけるので、日本はCOVID-19制限を拡大する