Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ディーゼルジャパンが銀座に旗艦店をオープン

イタリアのファッション小売業者であるディーゼルは、東京の銀座マロニエ ゲート 1 に日本での新しい旗艦店をオープンしました。

2 階建ての店舗は、赤と白を主要なテーマカラーとして、クリエイティブ ディレクターの Glenn Martins によって設計されました。 ディーゼルのフェイスリフトは、一新されたイメージを反映し、マーティンズのクリエイティブ ディレクションの下に見えます。

赤と白を基調とした1階の壁は、ブランドの赤いロゴを反映し、周囲の金属層を使用して広々とした風通しの良い雰囲気を作り出すことを目指しています. また、大きなソファ、モダンな産業用モジュール、樹脂製キャビネットも含まれています。

一方、地下1階は赤と白のディスプレイと壁、そして洗練された建築的特徴を備えています。

顧客は、Diesel の 2022 年秋冬コレクションと、すべての性別のデニム、アパレル、靴、バッグ、ランウェイ ルックのアクセサリーを購入できます。 また、6月に東京で開催されたディーゼル22FWファッションショーでデビューしたDIESEL GINZA LIMITEDおよびプレセールコレクションの商品が赤で登場。

ディーゼルは、日本を 36 年以上にわたり重要な市場の 1 つにしています。 この衣料品会社は、2008 年に銀座に最初のアジア全体の旗艦店を立ち上げ、2010 年には東京の渋谷地区に最初の大規模なグローバル コンセプト ストアを立ち上げました。

このブランドは、シンガポール、香港、韓国などの他の市場でも成長しています。 Diesel、RTG Consulting および Muse Group と提携 中国は昨年、世界初のディーゼルハブを立ち上げた. 900 平方メートルのハブにはダイニングと小売店があり、約 4 分の 1 を占めるディーゼル ブレイブ バーというレストランがあります。

READ  日本の中小企業は困っている