Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ディーン・フーパーは日本から山頂まで苦労している



才能をベリダスプレップアカデミーに持ち込んだ高校バスケットボール選手の田中シカラは、2021年10月13日にカリフォルニア州サンタフェスプリングズで写真を撮ります。 (京都)

東京(京都)-八村塁と渡辺十田は、日本からバスケットボールマウンテンへの道がNBAとして存在することを証明しました。これは、田中シカラのような新興プレーヤーに希望を与えます。

日本からフロリダ、日本、ハワイ、ユタ、そして今ではカリフォルニアへの19歳の旅は、彼が望んでいたよりも多くの紆余曲折がありましたが、それ以外の何物でもなかったとしても、彼は準備ができていました。 プロリングの斬新な世界。

田中は昨秋、ユタ大学のユタ・ユーツ・オブ・パック-12からオファーを受けましたが、NCAAディビジョンI評議会は延長を承認し、流行が変わった季節のためにすべてのプレーヤーに1年の延長を与えました。 この変更により、一部のシニアはオープンリストの席を取りながらチームにとどまることができました。

逃した機会は6フィート2ポイントガードを思いとどまらせませんでした。

京都ニュースとの最近のインタビューで、彼は次のように述べています。

母親は日本人、父親はリングの世界を旅してきたアメリカの田中。 中学最終学年、横浜P-コルセアU-15チームに出場し、日本代表に選出される最年少選手となった。

彼は2018年から2020年までフロリダのIMGAcademyで過ごしましたが、法廷外でいくつかのメンタルヘルスの問題に苦しんでいました。 彼はハワイのカフク高校に転校しましたが、彼の計画はコロナウイルス感染によって妨げられました。

シーズンが中断されたとき、彼はユタ大学に採用された全教育バスケットボールキャンプに出席するためにユタに飛んだ。

大学の著名なドラフトマンには、現在のNBAプレーヤーのカイルクズマ、ドロンライト、ヤコブポールトル、17歳のNBAポイントガードのアンドレミラー、元No.1セレクターのアンドリューボゴットが含まれます。

田中は、ユタを新しい場所にすることを決心した後、「喜びで泣いた」と語った。

しかし、NCAAがゴールポストを移動したとき、彼は大学のコーチに彼の才能を示す機会さえ与えられず、NCAAは一時的にディビジョンIの学校でプレーするという彼の目標を達成する機会を奪いました。

スポーツリファレンスサイトSport-Netによると、NCAAに参加している高校のバスケットボール選手の割合は2.9%であり、NBAチームによって作成されたNCAA選​​手の割合は1.3%です。

矛盾は彼に反対かもしれないが、田中はそれらの数字が彼に当てはまらないかのように続けている。 彼は彼の道に来た無数の挑戦を交渉するとき、彼は将来彼を助けるであろう重要な教訓を学びます。

現在南カリフォルニアの学校であるベリダスプレップアカデミーでプレーしている田中は、ゲームの開発を続け、日本代表チームでの活躍に努めています。 彼はバスケットボールが次に彼をどこに連れて行くかを見るために待っています。

「私がしなければならないことを続ければ、私の時が来るでしょう」と田中は言いました。

「私が選ばれたら素晴らしいです。そうでなければ、私は大丈夫でしょう。」

READ  日本はプログラムにバックリンクし、人々がCOVID-19ワクチンを選択できるようにします