Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

デビッド・サリバン:ウェストハムのオーナーは独立したサッカー規制機関の設立に反対

デビッド・サリバン:ウェストハムのオーナーは独立したサッカー規制機関の設立に反対

  • サイモン・ストーンとボビー・ジャクソンによって書かれた
  • BBCスポーツのフットボールニュース主任特派員

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、

2021年の欧州スーパーリーグ開催が発表された後、サッカーファンが全国で抗議活動を行った

ウェストハム・ユナイテッドのオーナーであるデビッド・サリバン氏は、独立した規制機関が導入されればプレミアリーグは世界トップリーグでなくなる可能性があると語った。

火曜日に議会で初読会が行われたフットボールガバナンス法案が成立すれば、このような規制当局が導入されることになる。

しかしサリバン氏は、規制機関は「事態が悪化した場合」にのみ必要だと述べた。

規制当局の重要な役割の一つは、プレミアリーグとイングランド・フットボールリーグ(EFL)の間で金銭分配に関する合意を見つけることだ。

合意の見通しは立っておらず、プレミアリーグは独立規制機関による措置が「これまで以上に重要」だと述べた。

「プレミアリーグは世界最高のリーグだ」とサリバン氏はBBCスポーツに語った。

「これは大きな輸出品であり、他の国も私たちから購入したいと考えており、私たちはヨーロッパ全体で非常にうまくいっている。

「私たちの収入を減らすものはすべて、私たちの競争力を低下させます。私たちがトップリーグにいることをやめて、彼らが私たちが持っている資産を破壊するかもしれません。」

しかし、EFL会長のリック・パリー氏は「プレミアリーグの競争力を変えるものは何もない。

“ギャップ [in terms of wages paid] プレミアリーグとその他のリーグとの間の関係はますます大きくなっている [of Europe]「つまり、プレミアリーグが不当に制限されたり、競争力がなくなったりするという考えは、どうやってその議論の根拠になるのか私にはわかりません。」

規制当局に付与される権限は、クラブの財政的持続可能性の向上、リーグ全体の財政的柔軟性の確保、イングランドフットボールの伝統の保護という3つの主な目的を中心に展開される。

2010年にウェストハムの株式を最初に購入したサリバン氏は、政府の規制当局との実績は「驚くべきもの」だったと述べた。

同氏はさらに、「状況が非常に悪くなり、問題を解決するために何かをしなければならない場合、規制機関を設置する傾向がある。我々には世界最高のサッカーがある」と付け加えた。

ベリーとマックルズフィールドの場合のように、クラブが廃業に追い込まれる可能性を防ぐために、新クラブのオーナーと監督はより厳しいテストにさらされることになるが、ナショナルリーグからプレミアリーグまでのクラブを対象とするライセンスシステムが提案されている。

ライセンスの一環として、クラブはクラブの伝統や戦略的方向性など、フィールド外での重要な決定についてファンと相談することが求められる。

プレミアリーグとEFLがイングランドのサッカーピラミッド全体にプレミアリーグの資金をどのように配分するかについて合意に達しなかった場合、規制当局が介入する可能性もある。

これまでのところ、両当事者は「新たな合意」に合意できておらず、規制当局はこの問題を解決するための新たな支援権限を持つことになる。

政府はかねてサッカー当局に対し、独立したサッカー規制機関がそのような介入権限を持つことになると警告してきた。

「問題は 2 つあります。私たちは何を提供しているのか、誰が資金を提供しているのかということです。」 サリバンは言いました。

「トップ10の間で大きな議論があり、彼らはビッグクラブにもっと多くの金額を払ってほしいと考えているが、ビッグクラブは全員に同じ金額を払ってもらいたいと考えている。

「私たちが何を提供しても彼らには十分ではありません [the EFL]。 テスコはコンビニチェーンに補助金を出していない。」

プレミアリーグはチャンピオンシップの一部クラブにパラシュート支払いを通じて資金を提供しているが、これは降格チームが降格時に被る経済的ダメージを抑えるために2006-07シーズンに導入されたものだ。

これらの支払いは、降格した 3 つのクラブのそれぞれに、3 シーズンにわたって減額分割で支払われます。

サリバン氏は、パラシュートでの支払いは降格に苦しむクラブを助けるには「十分な金額ではない」と感じており、プレミアリーグで12シーズン続けてきたウェストハムにとってチャンピオンシップからの撤退は「ひどい」ことになると述べた。

プレミアリーグのバリー会長は「パラシュート推進が正しいメカニズムだとは考えていない。明らかに問題を示しているが、症状を治すものである」と述べた。

さらに、「我々は、昇格や降格の途上であろうと、クラブが経済的危機に直面することを望んでいない。我々が常に言っていることは、プレミアリーグとチャンピオンシップの間の瀬戸際政策に対処したいということだ」と付け加えた。 非傘下クラブの場合、これは1億ポンドを超える。 これが課題となる、埋めることのできないギャップです。

「私たちは常に、格差は半分に削減されるべきだと考えていると述べてきました。もし半分に削減できれば、パラシュートでの支払いは必要なくなります。」

READ  ユニクロ、スウェーデン・カーリング協会とサプライヤー契約を締結「チーム・エディン」が12月に日本で開催される国際カーリング選手権大会に出場