Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

デフレとの戦いの終わりが見えてくる:日銀の内田氏

デフレとの戦いの終わりが見えてくる:日銀の内田氏

経済

東京、5月28日(時事通信) — 日本銀行の内田慎一副総裁は、インフレ期待を2%に「定着させるには大きな課題」が残っているものの、日本のデフレとの戦いの終わりは「見えてきた」と述べた。

同氏は月曜、東京の日銀本店で開催された国際会議での講演で、前例のない金融緩和からの転換に向けて日銀がマイナス金利政策の解除など3月にとった措置に言及し、この発言を行った。 。 日本銀行は、日本が安定的かつ持続可能な方法で2%のインフレ率を達成できるよう支援することを目指しています。

慢性的な需要不足により、1990年代と2000年代にインフレ率が低下したが、日銀の金融政策は「当時はほとんど従来型で、ゼロ下限制約に直面していたため、需要を十分に刺激することができなかった」と内田氏は述べた。要素。 。 長引く日本のデフレの背景。

日本経済に特有の現象として、「緩やかながら持続的なデフレが、今日の物価や賃金は明日も同じだという信念に基づく社会規範を生み出した」と指摘した。

内田氏は、この社会規範は「解決に向かっている」と述べ、深刻な人材不足など労働市場の構造変化も指摘した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス
日本銀行

READ  エミレーツ通信社 - ベトナムは新しい地域への日本の投資を誘致します