Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

デフレは日本にとって良いことなのでしょうか? 最高のマルクス主義の本がそのことを証明しています。

デフレは日本にとって良いことなのでしょうか? 最高のマルクス主義の本がそのことを証明しています。

斉藤幸平が「発展的共産主義」について書こうと決めたとき、編集者は当然のことながら懐疑的でした。 共産主義は日本では人気がありません。 経済成長は福音です。

そのため、日本は人口減少と経済停滞の現状を危機としてではなく、マルクス主義を再発明する機会として捉えるべきだと主張する本は、難しい本のように思えた。

しかし売ってしまった。 斉藤氏の著書『人新世の資本』は2020年の発売以来、彼の想像を超えて50万部以上売れた。 東京大学の哲学教授である斉藤氏は、日本のメディアに定期的に出演し、自身の考えについて議論しています。 彼の本は英語を含むいくつかの言語に翻訳されています リリース 来年初めに発売される予定だ。

人口高齢化への対応、不平等拡大の阻止、気候変動の緩和など、斉藤氏は、人々が目の当たりにしている問題を解決する資本主義の能力に対する日本での幻滅が増大していると彼が表現する状況を利用してきた。

世界第3位の経済大国である日本は、高齢化と人口減少が進む中で、どの国の中でも最も積極的な金融・財政政策により、長年にわたって経済成長を促進してきた。

しかし、安い資金と巨額の政府支出に依存した成長志向の政策が限界に達しているという強力な証拠がある。 これらの介入は日本経済の成長を刺激する効果はほとんどありませんでした。 そして、出生率を上げる政府の取り組みが行き詰まり、働く人が減り、「成長の余地がなくなりつつある」と、東京の自宅での最近のインタビューで36歳の斉藤氏は語った。

このことは、日本経済が拡大する中でも当てはまります。 そして、同国が今年第 2 四半期に 6% の成長を報告したとき、その成長はほぼ完全に外部要因、つまり輸出と国内観光によってもたらされました。 一方、国内消費は縮小した。

日本が発展していた時代には、成長に重点を置くことが重要でした。 しかし、国が豊かになった今、国内総生産(国内総生産)で表現される際限なく拡大する経済へのこだわりは、政府が人々にもっと消費するよう促しているため、明らかに無駄な支出につながっていると斉藤氏は語った。 。

同氏は、医療など一部の経済分野は引き続き成長する必要があるが、「車が多すぎる、高層ビルが多すぎる、コンビニが多すぎる、ファストファッションが多すぎる」と語った。 同氏は、消費に重点を置くことで環境に壊滅的な影響を及ぼし、不平等を拡大し、より有効活用できるはずの限られた資源を浪費していると述べた。

同氏は、日本の現在のニーズをより効果的に反映する目標に向かって日本の方向性を変えるということは、国の経済的健全性を測るためにGDP以外の指標を使うことを意味すると言う。 焦点は量から質へ、健康、教育、生活水準などの対策に移っていきます。

斉藤氏がマークス氏と初めて出会ったのは、東京大学の学部生だった2005年。 高校時代の斉藤さんは「どちらかというと右翼的だった」と彼は言い、個人の失敗が日本の問題の根源にあると確信していた。 構造的原因が不平等と戦争をもたらしたというドイツの哲学者の主張に直面したとき、彼は「衝撃を受けた」と語った。

「2008年の経済危機の後、日本ではマルクス主義の復興が起こり、私は彼の理論の重要性を確信しました」と斉藤氏は語った。

彼はマルクスの晩年を研究した後の数年間を過ごし、斉藤氏が言うように、マルクスはその飽くなき成長要求を伴う資本主義が必然的に環境破壊を引き起こすことに気づいた。

斉藤氏は、新型コロナウイルスのパンデミックの初期に、人間の活動が地球環境に重大な影響を及ぼした時代を指す「人新世の資本」を構想した。 社会主義はヨーロッパと米国で注目の話題となっており、バーニー・サンダースのような政治家は米国人に米国流に資本主義の欠点に対処するよう促している。 2008 年の金融危機の影響、不平等の拡大、気候変動の避けられない現実により、多くの若者は既存の経済システムの持続可能性と公平性に疑問を抱くようになりました。

日本でも人々は現状に不満を抱いている、と斉藤氏は語った。 しかし、世界の他の地域の人々とは異なり、「彼らは資本主義が悪いとは考えていない。『私が悪い』と考えているのだ」。 彼らは資本主義が変わる必要があるとは考えていません、「私は変わる必要がある」と考えています。

彼は、この考え方が、人々はもっと一生懸命働き、より生産性を高める必要があると考えていた高校時代の考え方に似ていることに気づきました。

斉藤氏の批評家たちは、斉藤氏が、実現不可能な理想主義と失敗したイデオロギーだけを代替案として提示しながら、自ら利益を得ている資本主義システムを批判しているとして非難している。 彼の本は日本のマルクス主義について出版界にセンセーションを巻き起こし、彼の考えを攻撃する作品もあれば、それを支持する作品もあった。

しかし、新たな議論は日本共産党の展望を回復させるにはほとんど役に立たなかった。 斉藤氏はこのグループのファンではなく、このグループは善意はあるものの時代遅れだと考えている。 また、ソ連や中国共産党が実践しているような、産業や中央計画に対する国家権力を重視する、他のより一般的な共産主義の系統にも、彼はあまり忍耐力を持っていない。

後発開発途上国の生活の質を向上させるためには、成長が依然として重要であることを認識しています。 たとえ裕福な国であっても、彼は人々に、作り上げられた快適さを放棄するよう求めていません。 彼は最近、東京郊外の高級住宅街にある3階建ての家に引っ越し、トヨタのミニバンに乗っている。 彼がやめた数少ないものの一つはファストフードだ、と彼は言った。

彼は、脱成長共産主義の達成は個人の選択というよりも、全体的な政治経済構造を変えることが重要であると信じています。 同氏は、マルクス主義は富の際限のない追求と集中ではなく、公共財の最大化を中心に社会の方向性を変えるための実行可能なモデルを提供すると主張する。

そのためには、とりわけ、国の健全性を測る主な尺度としての GDP から脱却することが必要です。 同氏は代替案として、パキスタンの経済学者マフブブ・ウル=ハク氏が提案した「人間開発指数」を提案しており、国連は国の進歩を示す代替指標としてこの指数を使用している。

索引 – 平均余命、教育、生活の質を測定する – GDP よりも経済が人々の生活にどのような影響を与えるかについてより包括的な見解を与える

共産主義の成長が鈍化する中で世界がどのような形になるのかは斉藤氏にとって正確には明らかではないが、それは民主的であり、社会資源の拡大、貧富の格差の縮小、過剰消費の誘因の除去に焦点を当てたものになると主張する。

彼は、これらのアイデアを推進することを目的としたいくつかのプロジェクトに携わっています。 彼と支持者のグループは東京の西の山中に土地を購入し、地元社会の利益のためにそれを共同管理する計画を立てている。

そして昨年、彼は東京郊外の有機農場で時間を過ごした。この農場は、都市生活者が健康的な食べ物を手に入れ、農業について学ぶためのコミュニティリソースとして位置づけられている。

この農場自体は、ある意味、人口が減少しながらも資源が豊富にある成長後の日本を垣間見ることができる。 畑は、所有者が亡くなったり、高齢になって管理できなくなったりして休耕地になった土地から集められたものです。

斉藤氏の批評家らは、この光景こそが、成長抑制政策の下では日本全国でありふれた光景である可能性があると主張している。

しかし彼は、社会が理想的な農耕生活に戻る必要があるとは決して考えていませんでした。

「私は江戸時代に戻ろうと言っているわけではありません」と、日本が世界に対してほぼ鎖国していた封建時代について言及した。

彼の将来のビジョンは、成長のための絶え間ない追求に消費されることが少なくなった人々が、彼が農業で行っているように、新しい興味を追求することに労働日を費やす自由時間を得るということです。

ある日、斉藤さんは有機農場のオーナーである中野祥子さんとその夫の中野翔さんと一緒に数時間を過ごしました。 地元の人々はリサイクル材料で建てられた小屋に野菜を買いに来ていたが、菜園の隣のヒースでは巨大な豚が匂いを嗅いでいた。

斉藤氏が大ハンマーで畑に竹の杭を数時間打ち込んだ後、中野氏は彼に、プロレタリアートの象徴を使った経験によって元気になったかどうか尋ねた。

斉藤さんは笑った。 「私は間違いなくブルジョワです」と彼は言った。

READ  ラブ・アイランドのローラ・アンダーソンは、素晴らしい休日に下乳を露出させ、ゲイリー・ルーシーに彼が見逃していたものを見せる