Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

デルタコロナウイルスの蔓延が日本で加速

日本では、デルタコロナウイルスによるCOVID-19の新たな感染数の増加が加速しています。

保健省によると、月曜日の時点で、インドで最初に検出されたタイプの87例が、国の47州のうち12州で確認されています。

週から月曜日までの新しいデルタバリアントのケース数は34で、前週の24から前週の21に増加しました。

デルタ株の症例が7月中旬には早くも日本での新たな感染の半分以上の原因であると予測しているある推定では、専門家は当局に変異を検証するための措置を強化するよう求めています。

変異体はL452R変異を特徴とし、アミノ酸位置452でコロナウイルススパイクタンパク質がロイシンからアルギニンに変化したことを示しています。

東京と神奈川県は三角州のクラスターを報告しています

L452Rバリアントは、英国で最初に発見されたアルファ株と元のウイルスよりも、それぞれ50%伝染性、2倍伝染性があると言われていますが、一部の専門家は感染について意見が分かれています。

デルタ変異体はCOVID-19ワクチンの効果を弱めると言われていますが、多くは不明のままです。 変異体に感染した人々が重度の症状を発症するリスクが高いことは実証されていません。

ある報告によると、L452R変異は、日本人人口の60%に存在するヒト白血球抗原A24によって生成された免疫細胞を回避したとのことです。 しかし、一部の専門家はこの分析を拒否します。

デルタ変異体は元のウイルスよりも80%伝染性が高く、7月中旬にはすべての局所感染の50%以上、7月末には80%を占めると予想されています。京都大学の西浦博教授(理論疫学者)は、前記。

国立感染症研究所所長の脇田隆樹氏は、「今こそ、(さまざまな症例を)迅速に発見し、感染クラスターへの対策と積極的な疫学調査を通じてその広がりを制御する時です」と述べ、バリアントが出現します。 展開する。

国際的なデータベースに基づく分析では、臨床遺伝学に精通している慶應義塾大学の小崎健二郎教授が率いるチームは、デルタ変異体はインドから直接だけでなく、英国や米国を経由して日本に持ち込まれたと述べた。

「すべてのコロナウイルスが一次ホットスポットから直接発生するわけではありません」と小崎氏は述べ、より強力な国境管理を求めた。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  スペインの警察は、コロナウイルスの症状のある男性が22人にCOVID-19を感染させたとして告発されたと述べました