Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

データ企業が賭けをやめたため、S&P 500とナスダックは上昇し、米国債利回りは低下した。

データ企業が賭けをやめたため、S&P 500とナスダックは上昇し、米国債利回りは低下した。

ニューヨーク(ロイター) – 水曜日のウォール街はまちまちで取引を終え、コアインフレ率が依然として緩やかな下降軌道にあることをデータが示したことを受け、連邦準備理事会(米国の中央銀行)が金利を据え置く可能性が高まったことを受け、米国債は狭い範囲で変動した。以下の料金は変更されています。 今。

S&P500指数は小幅上昇し、アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)やマイクロソフト(MSFT.O)を筆頭とする金利に敏感な優良株がハイテク株の多いナスダックに優位性を与えた。

ダウ工業株30種平均は小幅安で取引を終えた。

米国の消費者物価統計によると、エネルギー価格の上昇により8月の物価上昇率は過去14カ月で最も速いペースとなったが、変動の激しい食品とエネルギーを除外する「中核的」措置は連邦準備制度理事会の決定に向けて依然として曲がりくねった道を進んでいる。 同準備金の年間平均インフレ目標は2%である。

バージニア州シャーロッツビルのチェース・インベストメント・カウンセルの社長、ピーター・トゥーズ氏は「ここ数日市場が軟調だったため、人々はコアインフレが予想以上に上昇するのではないかと懸念していたかもしれない」と述べた。 この報告書は「FRBが11月に利上げする可能性がある前に、追加のデータが何を示すかを見守るという考えを強調している」。

トゥズ氏は「消費者物価指数はファンダベースでは若干プラスとなったが、ガソリン価格の上昇が小売売上高に影響を与えている」と指摘した。 「ガソリンタンクを満タンにするために費やす追加の 20 ドルは、他のものよりも 20 ドル少ないです」と彼は説明しました。

CMEのフェドウォッチツールによると、金融市場は、来週の金融政策決定会合で連邦準備理事会が据え置き、主要目標フェデラルファンド金利を5.25─5.50%に据え置く確率が97%と予想している。

経済インフレ

ダウ工業株30種平均は70.1ポイント(0.2%)下落して34,575.89ポイント、スタンダード&プアーズ500指数は5.59ポイント(0.13%)上昇して4,467.49ポイント、ナスダック総合指数は39.96ポイント(0.13%)上昇した。 0.29%から13813.59。

投資家がCPI統計やユーロ圏の鉱工業生産の低下にとどまらず、今週の欧州中央銀行の金融政策会合に注目を集めたため、欧州株は下落して取引を終えた。

欧州STOXX600指数(.STOXX)は0.32%下落し、MSCI世界株価指数(.MIWD00000PUS)は0.01%上昇した。

新興国株は0.09%下落した。 MSCIの日本国外のアジア太平洋株の最も幅広い指数(.MIAPJ0000PUS)は0.19%安で終了し、日本の日経平均株価(.N225)は0.21%下落した。

米連邦準備理事会(FRB)が次回会合で金利を据え置くとの示唆を示した消費者物価指数の報告を受けて、米国債利回りが低下した。

基準となる10年債利回りは火曜日終盤の4.264%から3/32上昇し、4.2544%となった。

最新の30年債/32年債利回りは火曜終盤の4.346%から4.3463%となる。

インフレ統計を受けてドルは世界通貨バスケットに対して安定したが、連邦準備理事会による予想される利上げ一時停止の方向性を変えるにはほとんど役立たなかった。

ドル指数 (.DXY) は0.05%上昇し、ユーロは0.2%安の1.0731ドルとなった。

日本円は1ドル=147.47ドルで対ドルで0.26%下落し、英ポンドは日中0.05%上昇し1.249ドルで取引された。

米国の在庫が予想外に増加したことにより、市場参加者が供給不足の予想を上回り、原油価格が下落した。

米国原油は0.36%下落し、清算値は1バレル当たり88.52ドルとなったが、ブレント原油は日中0.2%下落し、1バレル当たり91.88ドルで清算された。

消費者物価指数の発表がドルを若干押し上げたことを受け、金価格は下落し、2週間ぶりの安値付近で推移した。

スポット取引の金は0.3%下落し、1オンス=1908.39ドルとなった。

スティーブン・コルブ氏が報告する。 (ロンドンのアマンダ・クーパーによる追加レポート、アマンダ・クーパーによる執筆) 編集:アリソン・ウィリアムズ、シャロン・シングルトン、デヴィッド・グレゴリオ

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  マレーシアと日本、放送とICT分野で協力強化へ