Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トイレの蓋を上に流すか下に流すかは関係ありますか? 本当じゃない。

トイレの蓋を上に流すか下に流すかは関係ありますか? 本当じゃない。

彼は遊ぶ

トイレットペーパーの芯がどの方向に動くかについての大論争と同じように、水を流すことについても同様の議論があります。「開くか閉じるか」ということです。

科学者たちは、危険な細菌の蔓延を阻止する解決策はないという悲しい結論に達しました。

アリゾナ大学の微生物学者チャールズ・ガーバと彼の研究チームは、蓋を上に置いたままにするか下に置いたままにするかにほとんど違いがないことを発見しました。 住宅トイレの蓋を閉めても、トイレの強力な水洗によって発生するウイルス粒子の拡散を防ぐことはできません。

木曜日にAmerican Journal of Infection Controlに掲載された研究では、蓋が上か下かに関係なく、人がトイレを流すと微細なウイルス粒子が床や近くのバスルームの表面に広がると研究者らは結論づけた。 この研究では、ノロウイルスなどのウイルス病原体の蔓延を制限する唯一の有効な方法は、トイレ、トイレの水、およびその近くの表面を消毒することであることが判明しました。

「多くの人は、蓋を閉めるだけで問題は解決すると言いました」と、半世紀近くトイレの細菌を研究してきたジェルバ氏は言う。 「水を流したときの空気はすべてどこかへ行き、便器内のウイルスを運びます。」

これまでの研究では、蓋を閉めると近くの表面の細菌汚染への曝露が軽減されることが判明しており、研究者らは、蓋のないトイレが公衆トイレでどのようにして細菌に満ちたプルームを吐き出す可能性があるかについての意識を高めようと努めた。 しかし、ガーバ氏のチームは、住宅の浴室にある小さなウイルス粒子にも同じことが当てはまるかどうかを研究し、大きな違いは生じないことを発見した。

これまでの研究では、水洗トイレからの噴出とクルーズ船、飛行機、学校でのノロウイルスの発生との関連性が指摘されている。 ジェルバ氏によると、ひどい感染拡大が起きたあるクルーズ船では、トイレの半分にノロウイルス粒子が含まれていたことが検査で判明したという。

「トイレの便座やその他の場所は常に掃除するようにしてください」とジェルバ氏は言います。

研究はどのように行われましたか?

ジェルバ氏のチームは、オフィスビルと集合住宅の公衆トイレのトイレを研究した。 公衆トイレはタンクがなく、個室内に設置され、加圧水路で洗浄されました。 家庭用トイレは小さいトイレにタンクがありました。

チームには、ライソルなどの消費財を販売する英国に本拠を置く複合企業レキット・ベンキーザーの研究者が含まれていた。

研究の主催者らは、トイレにウイルス粒子を加えて流し、1分後にトイレと近くのバスルームの表面の汚染を測定した。

公衆トイレには通常蓋がないため、研究者らは家庭用トイレの蓋の閉まりに関するデータのみを測定した。 この研究では、住宅用トイレの蓋が水を流す前に開いていても閉じていても、全体的なウイルス汚染に差は見られなかったが、蓋が閉じられたことで「エアロゾルプルーム汚染の経路」が変化した可能性があると指摘した。

水を流す前に蓋を閉めたとき、研究者らはトイレの左側と正面でわずかに高い汚染レベルを測定しましたが、便器の右側ではわずかに低い汚染レベルを測定しました。

ブラシと消毒剤である塩酸を使って掃除したトイレは、ブラシだけで掃除したトイレよりも汚染が少なかった。 消毒剤でボウルを洗浄すると、バスルームの床やトイレのブラシ入れなどの近くの表面の汚染も軽減されると研究では述べています。

研究によると、その結果は「水を流す前にトイレの蓋を閉めても、バスルームの表面が汚染されるリスクは軽減されず、病気の蔓延を減らすためには、水を流した後またはトイレ用ブラシの使用後にバスルームのすべての表面を消毒する必要がある可能性があることを示している」 。 細菌から。

言い換えれば、トイレを毎回殺菌剤とブラシで掃除する必要があるということです。 その後、手を洗います。

入院患者はトイレの細菌にさらされている

他の研究者は、水を流した後に粒子が便器から強制的に洗い流される可能性があることにほとんど疑いの余地がないことを発見しました。

ネブラスカ大学メディカルセンター公衆衛生学部のマシュー・ノネンマン教授は、可能であれば蓋を閉めておくことの重要性を認識している。

「これはちょっと個人的な質問なんですが、これまでにトイレに座って水を流したことがありますか?」 ノニンマンは言った。 「肌への分子の影響を感じます。」

ノンネマン氏のチームは、日常的な患者ケア中に病院のトイレを掃除することで発生する粒子とエアロゾルを研究した。 彼のために スタディ このような汚染物質は、掃除後 30 分間はバスルーム内に残る可能性があることがわかりました。

強い免疫システムを持つ健康な人は、これらの病原体を撃退できる可能性があります。 しかし、免疫不全状態で入院している患者は、C. diffとしても知られるクロストリジウム・ディフィシルなどの細菌感染症にかかりやすい可能性があります。

定期的に消毒剤を使用したり手洗いしたりするとともに、蓋を閉めることは、物を清潔に保つのに役立ちます。

「蓋を閉めると、トイレから出てくる大きな粒子の一部が減ります」とノネンマン氏は言う。

浴室の細菌を減らすにはどのような対策を講じればよいでしょうか?

UA-Reckitt Benckiserの調査ではトイレの水を流す頻度は推奨されていないが、住宅所有者はトイレとその近くの表面を定期的に消毒する必要があるとガーバ氏は述べた。

使用後にトイレのハンドルを掃除するために、消毒用ワイプに加えて、消毒剤をトイレの近くに置いておくことをお勧めします。 ジェルバ氏は、特に家族がウイルスに感染している場合は、常に手をよく洗い、手指消毒剤を使用する必要があると述べた。

家族の誰かが下痢をしている場合、これはノロウイルスやサルモネラ菌に感染した可能性を示していますが、ジェルバ氏は便座、たわし、その他頻繁に触れるバスルームの表面を1日2回消毒することを推奨しています。

もちろん、公衆トイレの清掃頻度をユーザーが管理することはできませんが、それでも手洗いと手指消毒剤で身を守ることはできます。

ノネンマンさんは、定期的に手を洗い、消毒剤を使用して浴室を掃除することに加えて、歯ブラシや顔に塗った化粧品をしまうことを推奨しています。 また、トイレの使用中に携帯電話を扱うことも避けるべきです。

トイレに電話? 新しい世代に向けた議論が熟しています。

Ken Alltucker は X (以前の Twitter) で @kalltucker にアクセスするか、[email protected] に電子メールを送信できます。

READ  宇宙飛行士が火星でどのように繁栄できるか