Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トイレットロール:ドライバーのバックアップで損傷した日本最古のトイレ| 日本

数百年前にさかのぼる日本最古の現存するトイレが、文化財を保存する団体の従業員が運転する車にはねられて破損した。

京都の文化財保存会に勤務する30歳の男性は、バック中に加速して東福寺内の共同トイレを破損し、建物の木製のドアに激突した. 、メディアによると。。 報告します。

匿名の男は、月曜日の朝に起きた事件の後、すぐに警察に通報した。 事故当時、禅寺内には他に誰もおらず、運転手は無事だった。

重要文化財の「鳥栖」は、NHK公共ラジオによると、約500年前の室町時代に修行僧が使用するために建てられた。

事故で高さ2メートルの両開きドアと内側の柱が損傷した そら 24 . お知らせ サイトを挙げました。

a 写真 産経新聞は、木製のドアの残骸に囲まれた建物の中に、20年前のトヨタWiLL Viという車が写っていました。

朝日新聞によると、一度に最大100人の僧侶を収容できる寺院には、約20のトイレが並んでいます。 同紙によると、アメニティは明治時代(1868~1912年)の初めまで使用されていたという。

仕事で古都を訪れていた不幸な運転手にとって幸いなことに、専門家は損傷を修復できると言います。

寺の研究所所長である石川俊夫氏は、被害の大きさに「唖然とした」と語ったが、けが人はいなかったことに安堵した。 「秋のシーズン前に取り戻したいが、おそらく正月までかかるだろう」 [to repair it]」と京都新聞に語った。

普段は立ち入り禁止ですが、トイレの列は 隙間から見えます 建物の外側。

トイレは、石のブロックに切り込まれた円形の開口部にすぎませんが、外国人観光客を魅了する現代の日本のトイレとはかけ離れています。

ビデや排水柱はありませんでしたが、寺院のトイレは、瞑想ホールのすぐ隣にあり、禅の悟りを達成しようと何時間も費やした僧侶にとって少なくとも便利な場所にありました.

READ  小泉の「今か永遠か」の小説が空白になった理由