Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トップデッキ開幕日に日本の提灯石がドジャースタジアムで初めて展示される

トップデッキ開幕日に日本の提灯石がドジャースタジアムで初めて展示される

ドジャースタジアムでの開幕日 木曜日は、ドジャースファンがアッパーデッキに高さ8フィートの石灯籠を見る初めての日でもある。

重さ3,921ポンドの春日型石灯籠は、1965年からスタジアムに設置されており、新しいものではない。しかし現在、大谷の影響により、より多くのファンが鑑賞できるよう、より目立つ場所に戦略的に移設された。

ドジャースのスタン・カステン社長兼最高経営責任者(CEO)は「ロサンゼルス・ドジャースは、日本と日本の野球との長年にわたる関係を示す、過去の素晴らしい記念碑を展示できることに非常に興奮している」と述べた。

「ランタンをより見やすく、アクセスしやすくしたので、ファンは個人レベルで私たちの歴史のこの部分とつながる素晴らしい機会を得ることができます。」

ドジャースは日本の野球と長年にわたるパートナーシップを築いており、親善交流があり、チームの名簿には日本生まれの選手も数人いる。

日本のスポーツコラムニストの鈴木宗太郎は、ブルックリン・ドジャースの1956年の日本親善ツアーでチーム社長のウォルター・オマリーと協力した。 彼は、1962年4月のドジャースタジアムのグランドオープンに自分と妻をゲストとして招待してくれたお礼として、ドジャースとオマリーにランタンを贈った。

彼は 1965 年の冬、岡崎彫刻のランタンを 6 つのセクションに分けてロサンゼルスに発送しました。

ドジャースでプレーする日本人には、野茂英雄、斉藤隆、黒田博樹、ダルビッシュ有、前田健太、そして現在は大谷翔平と山本由伸がいる。

大谷選手がサイン ロサンゼルス・ドジャースとの歴史的な7億ドルの10年契約、一方山本は3億2500万ドルの契約を結んだ。 12年契約 青い服を着た少年たちと。

READ  JAPANESE COURAGEOUS FLOWERS: ラグビーワールドカップが近づく中、マイケル・リーチは34歳で元気を維持しています