Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トニックウォーター: かつては東京の中心部であった銭湯が、新世代に向けて再定義されています

トニックウォーター: かつては東京の中心部であった銭湯が、新世代に向けて再定義されています

タイトル: 〒114-0023 東京都北区竹野川6丁目27-14
Webサイト: 銭湯と町.org

高円寺小杉業

高円寺芸術地区にあるこの 1930 年代の銭湯は、正式に国の有形文化財に指定されています。 広くて明るい部屋で、富士山の壁画が大きく描かれており、バスルームは両側に 4 つあります。 隣の新しい建築の建物にある「小杉湯となり」は、地域支援団体「銭湯ぐらし」が運営するカフェ兼コワーキングスペースです。

タイトル: 〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3丁目32-17 小杉業
Webサイト: 小杉湯.co.jp

ハナレフオ・イーチン

墨田区小金陽

建築家長坂譲による改装を経て、2020 年に再オープンしたこの銭湯には、バー、DJ デッキ、カフェ、浴場の横に仮眠施設が備わっています。ただし、その USP には大きなサウナと屋外クーリングオフ プールがあります。 サウナは予約必須です。

タイトル: 〒130-0012 東京都墨田区太平4丁目14-6 小金陽
Webサイト: 黄金湯.com

目白五色清

オリジナルのタイル壁画が描かれたこの印象的な銭湯は、建築家今井健太郎氏によるノスタルジックなスタイルで大規模な再設計を経て、2022 年 9 月に再オープンしました。 3 羽の鳩の上にあるステンド グラスのパネルと、元の鳩小屋から保存されていた広告ポスターが特徴です。

Webサイト: 五色湯.jpn.com

谷中ハナレ

伝統的な寺院街にある 2 棟の古い木造建物を利用したこのホテルでは、建築家今井健太郎氏が設計した福の湯など、地元の 3 つの銭湯の無料チケットを宿泊者に提供しています。 英語ガイドが案内するウォーキング ツアーでは、かつての銭湯をリデザインした 2 か所、SCAI The Bathhouse アート ギャラリーと、カフェとボディブラシ ショップを併設する宮の湯を巡るウォーキング ツアーを提供しています。

タイトル: 〒110-0001 東京都台東区谷中中見10-25
Webサイト: hanare.hagiso.jp

READ  ソニー・ホンダ EV アライアンスが Afeela ブランドとクアルコムのパートナーシップを発表