Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トヨタはインディアナ州に8億300万ドルと1,400人の新規雇用を投資しています

ニューヨーク:トヨタは、インディアナ州の自動車工場で8億300万ドルを投資し、1,400人の新規雇用を追加して、2台の新しいSUVを生産できると述べています。そのうちの1台は工場で最初に建設されるレクサスです。

日本の自動車メーカーは、「電動」と呼んでいるが、電気自動車かハイブリッド車かは明らかにしていない新車は、状況によってはハンズフリー運転が可能な「半自動駆動システム」を搭載するとしている。

ドライバーはスマートフォンを使って車を駐車し、外に持ち出すこともできます。 レクサスとトヨタの両方のSUVは、最大8人の乗客のために3列の座席を持ちます。

自動車メーカーは、新車は後日発売されると述べており、追加により、同社は2050年までに「カーボンニュートラル」という目標に近づくことができます。

トヨタは、1998年に最初の自動車がインディアナ工場の生産ラインからロールオフされて以来、同社はプリンストンサイトに66億ドルを投資したと語った。

同工場では現在、オールインワンのシエナミニバン、ハイランダーハイブリッドSUV、セコイアフルサイズSUVを現地で組み立てており、年間42万台以上の生産が可能。

新しい仕事を除いて、トヨタは現在インディアナの場所で7,000人、米国で約36,000人を雇用しています。

READ  多国籍企業が精査に直面しているため、POSCOはミャンマーの軍事フンタとの関係を断ち切る