Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トヨタはブランド名ではなく人材の育成をスポーツチームに推進している

トヨタはブランド名ではなく人材の育成をスポーツチームに推進している

トヨタ自動車は、社名を宣伝するために多くのスポーツチームに参加しているわけではない。

トヨタ自動車スポーツ推進本部企業スポーツ担当部長の谷正人氏は「スポーツを企業のプロモーションツールとして活用するという発想はなかった」と語る。

むしろトヨタは多くの人にとって模範となる 日本のスポーツ界を長年支えてきた大企業。

これらの大手企業は、自社の従業員チームを後援し、従業員が同僚をサポートすることを奨励しています。

彼らの目標は、一体感を築き、従業員の士気を高めることです。

トヨタのスポーツへの取り組み

トヨタとスポーツとの関係は、自動車大手が設立された 1937 年にまで遡ります。

創業者の豊田喜一郎氏は、同社の主力自動車事業を立ち上げた際、同社初のスポーツチームである陸上競技部も創設した。

翌年には柔道部が、翌年にはサッカー部もこれに倣いました。

スポーツクラブの数は増え続けました。 最近では2016年にビーチバレーボールクラブが設立されました。

現在、同社には国内外のトップアスリートが所属するラグビーや野球などの競技クラブと、アマチュア参加者の非競技クラブを合わせて33のスポーツクラブが存在する。

ボディビルクラブとヨットクラブは現在、会員不足のため活動を停止している。

しかし、同社の90年近い歴史の中で、休止、閉鎖、または他のクラブと合併したクラブは存在しない。

トヨタのスポーツへの揺るぎない取り組みの根底にあるのは、自動車メーカーとしての哲学です。

「多くの企業には、従業員に一体感をもたらし、職場に活気をもたらすなど、独自の指針があると思います」と谷氏は言う。 「トヨタにもそれはありますし、(スポーツは)人材を育成するための素晴らしいプラットフォームであると信じています。そのため、財政難に直面しているからといってスポーツ活動から撤退したり、コストを削減したりすることはありません。」

しかし、景気変動の影響を受けるのはトヨタであっても例外ではありません。

世界的な金融危機を引き起こした米投資銀行リーマン・ブラザーズの破綻に伴う自動車販売台数の減少や急激な円高などの影響で、09年3月期は売上高が大幅に減少した。 財政破綻。

自動車大手は史上最悪の赤字を記録した。

自動車産業全体も、2011年の東日本大震災と津波の影響、法人税の引き上げ、多くの自動車メーカーの生産拠点であるタイの洪水被害など、長年にわたって複数の危機に直面してきた。

スポーツとスタッフのトレーニング

長引く不況の影響で企業は一時的にスポーツ活動から遠ざかっているが、スポーツプログラムを復活させている企業もある。

しかし、トヨタスポーツクラブは解散しなかった。 それはアスリートが職場から切り離されることなく、相互につながっているからである。

その一例が、各職場の要望に応じてトップアスリート、パラアスリート、各クラブのリーダーが一堂に会する「座談会」です。

挫折、スランプ、怪我を克服する方法、そしてリーダーシップを発揮する方法についての彼らの経験は、多くの第一線で働く人々にとって共感できるテーマです。

障がいのあるスポーツ選手を含め、幅広いスポーツに多くのアスリートが参加しているトヨタならではの取り組みです。

トヨタ自動車には少なくとも180人の選手が所属しているが、そのうち6割以上が正社員として働いている。

残りは契約社員で、スポーツ活動を優先する比較的自由度が与えられているが、代表チームに参加するために長期休暇を取ったり、他のニーズを満たす必要がある場合を除き、職場でも働いている。

同社によれば、従業員の士気を高めながら、同僚がアスリートをサポートし、彼らが実践するスポーツに関心を持ちたいと考えるのは自然なことだという。

絆を深めるツールとしてのスポーツ

トヨタは創業期からの取り組みにより、スポーツを通じて従業員のモチベーションを高め、一体感を生み出す基盤を築いてきました。

そのイノベーションのひとつが、創業10年目に始まった室内駅伝です。

パンデミック前の 2018 年には、さまざまな職場から合計 585 チームがコンテストに参加しました。

1951年の開始以来40年以上続いたトヨタ大会は、トヨタグループ各社のスポーツチームが一堂に会して競い合い、団結の促進に大きな役割を果たした。

同社は2019年に社内メディア「トヨタタイムズ」を創刊し、同社のスポーツ活動を広報し、社内外への関心を高めるニュースを提供した。

同社はまた、パリオリンピック開幕100日前の4月中旬に、スポーツ関連の話題に特化した「トヨタ・タイムズ・スポーツ」を設立した。

トヨタは近年、スポーツを通じた社会発展にも力を入れている。

同社では、障がい者スポーツの普及を図るため、参加者が障がい者スポーツなどの体験体験の機会を提供するとともに、スポーツクラブの会員が地域の清掃活動に参加するなど、地域に貢献しています。

「スポーツには信じられないほどの力があります」とタニーは言う。 「私たちはスポーツの力を使って、よりオープンな社会を作る決意をしています。私たちが行っていることを継続したいと思っています。」

READ  [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 村上宗隆はキャリアの大きなマイルストーンを達成している