Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トヨタは円安により利益予想を引き上げたが、生産リスクを警告

日本のトヨタ自動車(7203.T)は木曜日、有利な為替レートに支えられて利益予測を引き上げたが、半導体の世界的な不足は依然として通年の生産計画にリスクをもたらすと警告した。

他の世界的な自動車メーカーと同様に、トヨタは、世界的な自動車需要がパンデミックの不況から回復したにもかかわらず、マレーシアとベトナムの工場での部品生産を遅らせたチップ不足と封鎖措置のために減産を余儀なくされました。

すでに3月期の生産目標を900万台に引き下げ、先月は11月の生産計画を15万台大幅に削減した。

最高財務責任者のキンタ・クーン氏は記者会見で、「12月から工場をフル稼働させても、生産目標を達成することは難しいが、達成に向けて努力する」と述べた。

世界最大の自動車メーカーは、第2四半期の収益が予想を上回った後、通年の営業利益予想を12%増の2.8兆円(245億ドル)と6年ぶりの高水準に引き上げました。

しかし、クーン氏は、円安の影響が海外での利益の価値を膨らませることなく、材料費の上昇により「本質的に下方修正」されたと述べた。

年間利益予想は、リフィニティブのコンセンサス予想である2.9兆円を下回った。

トヨタは9月末までの3ヶ月間で7,500億円の営業利益を計上し、前年同期比48%増、市場予想を26%上回った。

トヨタのロゴは、2019年1月18日、インドのニューデリーにあるホテルで新しく発売されたCamryHybrid電気自動車のボンネットに表示されます。REUTERS/ Anushree Fadnavis

また、最大1,500億円(0.86%)の自社株買いを発表し、上半期の収益は15円増の120円となった。

トヨタは9月に発表した生産目標を堅持したものの、通年の販売目標を26万台引き下げて1,029万台にした。

トヨタの第2四半期の自動車販売台数は0.9%増の190万台で、アジアでの販売台数は24%増加しましたが、日本、北米、ヨーロッパを含む他のほとんどの市場で販売台数は減少しました。

しかし、一般的に、中国、米国、ヨーロッパなどの主要市場での自動車の需要は、パンデミックによる以前の不況を受けて回復しており、特に電気自動車(EV)の需要が伸びています。

トヨタは同業他社と同様に、世界中の国々が炭素排出量を削減するためのより厳しい規則を課しているため、電気自動車を製造するための技術と生産能力に多額の投資を行っています。

2025年までに15モデルのバッテリー式電気自動車を市場に投入する計画を発表し、2030年までに135億ドルを費やして電気自動車のバッテリーと供給システムを開発する予定です。

トヨタの株価は、結果を受けて0.7%高で取引を終えた。

(ドル= 114.1700円)

(ティムケリーは報告します)。 キム・ミョンとエドウィナ・ギブスによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本の次期首相は、ウイルス、経済、中国に対して迅速に行動しなければなりません。