Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トヨタは2022年の生産目標を950万台に引き下げ、サプライヤーに伝える

[東京 23日 ロイター] – トヨタ自動車は複数のサプライヤーに対し、年間の世界生産目標を950万台に引き下げたと伝えた。

売上高で世界最大の自動車メーカーである同社は先週、チップの不足により、2023 年 3 月に終了する会計年度の記録的な生産目標である 970 万台を達成する可能性は低いと述べました。 その時点で、彼は目標がどれほど大きいかについては言いませんでした。

世界で950万台という新しい目標は、依然として前年の生産を10%上回っています。 ただし、電磁鋼板の供給次第では、その数が減る可能性があると、情報が非公開であることを理由に匿名を条件に語った関係者は語った。

トヨタ、韓国の鉄鋼大手ポスコホールディングスから電磁鋼板を受注 (005490.KS) 9月の台風の影響で生産を停止した浦項の工場。

トヨタの広報担当者はコメントを控えた。

日本企業は、4 月に始まった会計年度の最初の 4 か月間に中間目標を達成できなかったため、年間生産目標の 970 万台を達成できるかどうかについて精査されています。

先週の発表は、チップ不足が緩和されるという日本の自動車メーカーの間で共有されていた楽観主義を打ち砕き、上半期の限られた生産を相殺するために下半期に生産を拡大することを可能にしました。

トヨタは、前年の世界生産目標を 2022 年 3 月まで 3 回引き下げ、2021 年 5 月の 930 万台から 2 月には 850 万台に削減しました。 その年に約860万台の車を生産しました。

トヨタは第 2 四半期の結果を報告し、火曜日に記者会見を開く予定であり、幹部は世界の生産見通しに関する詳細を提供する可能性があります。

(表紙:白木真紀、著:杉山智) バーナデット・ボームによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ロシア、中古車の輸入を日本に頼る 国内生産が減少 ロイター