Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トランプ大統領、バイデン氏に敗北を示したFOXニュース世論調査を批判

トランプ大統領、バイデン氏に敗北を示したFOXニュース世論調査を批判

トップライン

ドナルド・トランプ前大統領は、ジョー・バイデン大統領がバーチャル対戦で10月以来初めてバイデン大統領に勝利したことを示したFOXニュースの最新世論調査を批判した。最新の世論調査は、先月のマンハッタンでの違法資金有罪判決を受けてトランプ大統領のリードが下がっていることを示している。

重要な事実

偵察 それによると、バイデン氏は二者対立でトランプ氏を1ポイント(誤差の範囲:3ポイント)リードしており、5月の同局世論調査以来3ポイントの変動であり、10月以降のFOX世論調査ではバイデン氏の最高成績となった。

同氏は日付の投稿でフォックスの世論調査を「ゴミ」と呼んだ。 社会的真実トランプ大統領は、FOXニュースは2020年トランプ大統領投票者よりも2020年バイデン大統領投票者の方が多く世論調査を行ったと主張した。回答者は共和党員と民主党員で均等に分かれており、43%が非常に民主党(33%)または民主党寄り(10%)と認識しており、42%が非常に民主党と認識していると主張した。民主党 (33%) または共和党寄り (9%)、14% が無所属またはその他であると特定した。

トランプ大統領はまた、他の10項目よりも「アメリカ民主主義の将来」を「非常に重要」と評価する有権者が多かったという世論調査結果にも異議を唱え、インフレと移民は有権者にとってより重要であると主張した(世論調査では具体的には質問されていない)これらの問題について)。 しかし、「極めて重要な」問題に関しては、経済が 3 位、移民が 5 位にランクされていることがわかりました。

今年誰に投票するかという問題に関する、2020年のトランプ大統領の有権者と2020年のバイデン大統領の有権者との間の誤差の範囲も4.5ポイントで同じだが、2020年のバイデン大統領の有権者のほうがわずかに多く(4%)、今年はトランプに投票すると答えた2020 年のバイデンに投票すると答えた人 (3%) と、過去 4 回の総選挙に参加しなかった新規有権者は、直接対決ではトランプを 4 ポイント支持している。

民主党の世論調査会社ビーコン・リサーチと共和党の世論調査会社ショー・アンド・カンパニー・リサーチは、2011年以来同ネットワークの世論調査管理で協力しており、全国の有権者ファイルから登録有権者1,095人を無作為に選び、電話またはテキストメッセージで世論調査を管理した。

また、世論調査では、無党派層の間ではバイデン氏が9ポイントリードしており、これはトランプ氏を2ポイント支持していた5月以来の大きな変動であり、両候補を嫌う「ダブル・ヘイター」層では11ポイントリードしており、有権者の数はいずれの時点でも増加していた。バイデン氏の選挙では。 大統領府(32%)は、経済は良好または良好な状態にあると述べている。

フォーブス最新ニュースのテキスト アラートを受け取る: テキスト メッセージ アラートを送信するので、その日のヘッドラインを構成するトップ記事をいつでも知ることができます。 「アラート」を送信する (201) 335-0739 または登録してください ここ

重要な引用

「フォックスニュースの世論調査は私やMAGAフェアを扱ってくれませんでした!」 トランプ氏は書いた。 トランプ大統領は、フォックスニュース取締役会のメンバーであるポール・ライアン元下院議員に言及し、「フォックスニュースはポール・ライアン氏を解任し、新たな世論調査を実施すべきだが、そうはしない」と語った。

コントラ

一連の全国世論調査では、先月のマンハッタンでの重罪有罪判決を受けてトランプ大統領のリードが低下していることが示されているが、激戦州7州(ミシガン、ペンシルベニア、ウィスコンシン、ノースカロライナ、ネバダ、アリゾナ、ジョージア)の世論調査では一貫してバイデンを上回っている。 )。 。 イスポス財団が木曜日に実施した世論調査では、7州での直接対決でトランプ氏が2ポイントリードしていることが判明した。 3地域(中西部、南東部、南西部)の多くの有権者は、インフレと物価上昇がこの国が直面する最も重要な問題であり、次に移民が続くと述べた。

主な背景

ファイブサーティエイトの最近5回の世論調査ではバイデン氏がリード、もしくはトランプ氏と並んでいる 平均ポーリング これは全国的にトランプ氏がわずか0.1ポイントリードしていることを示している。 トランプ氏に1カ月以上遅れをとった後 朝のコンサルト毎週のアンケートバイデン氏が2週連続でトランプ氏をリード。 多くの調査では、有権者の過半数が、事業記録偽造の34件の重罪に対するトランプ大統領の有罪判決は投票の決定に影響しないと述べているが、世論調査では無党派層が有罪評決後はトランプ大統領を支持する可能性が低くなっていることが一貫して示されており、数は少ないが潜在的に重要である。 。 、僅差のままの選挙戦に参加している有権者の一部。

深読み

最新の世論調査によると、激戦州7州すべてでトランプ氏がバイデン氏をリード – 有権者の最大の懸念はインフレと移民だという(フォーブス)

バイデン vs. 2024年トランプ大統領選挙世論調査:有罪判決後もトランプ氏の連敗は続く(フォーブス)

トランプ対バイデンの2024年の世論調査:選挙を決定する6つの州で誰が勝つか(フォーブス)

READ  スコットランドのアパートで女性が死亡しているのが発見され、救急隊員が現場に急行した。