Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トランプ大統領、ロシアと和平交渉しない限りウクライナへの米軍事援助を停止する計画を検討 – Euractiv

トランプ大統領、ロシアと和平交渉しない限りウクライナへの米軍事援助を停止する計画を検討 – Euractiv

ドナルド・トランプ氏の主要顧問ら2人は、トランプ氏が大統領選挙に勝てば、ウクライナにおけるロシアの戦争を終わらせる計画を同氏に提示しており、その計画には、ウクライナが和平交渉に入らない限り、これ以上米国製兵器を入手しないと伝えることも含まれている。

同時に、トランプ大統領の国家安全保障担当補佐官の一人、キース・ケロッグ退役中将はインタビューで、米国は交渉を拒否すれば米国のウクライナ支持拡大につながるとモスクワに警告すると述べた。

2017年から2021年までのトランプ大統領在任中に国家安全保障会議の首席補佐官を務めたケロッグ氏とフレッド・フライツ氏が策定した計画では、和平交渉中の優勢な戦線に基づいて停戦が行われることになっている。

フライツ氏はトランプ大統領に戦略を提示し、前大統領も前向きな反応を示したと述べた。 「彼がそれを承認したとか、すべての言葉に同意したとは主張しませんが、フィードバックを得ることができてうれしく思います」と彼は述べた。

しかし、トランプ大統領の報道官スティーブン・チャン氏は、トランプ大統領または同陣営の権限を与えられたメンバーによる発言のみが公式とみなされるべきだと述べた。

ケロッグ氏とフライツ氏がまとめた戦略は、トランプ氏の関係者らによるこれまでで最も詳細な計画で、トランプ氏は11月5日の選挙でジョー・バイデン大統領に勝てばウクライナ戦争を早期に解決できると述べているが、詳細については言及しなかった。

この提案は戦争に対する米国の立場の根本的な変化を表しており、欧州の同盟国やトランプ大統領の共和党内からの反対に直面するだろう。

クレムリンとウクライナ外務省はこの計画に関するコメント要請に応じなかった。

NATO加盟は停止される

この計画の主要な要素は、公開されている研究論文で概要が説明されています。ケロッグ氏とフライツ氏が指導的地位にあるトランプ寄りのシンクタンクであるファースト・アメリカン政治研究所が発行した新しいタブが開きます。

ケロッグ氏は、トランプ氏が選挙に勝てばロシアとウクライナを速やかに交渉のテーブルにつかせる必要があると述べた。

同氏は、「私たちはウクライナ人にこう言いたい。テーブルに着かなければならない。テーブルに着かなければ、米国の支援は枯渇するだろう」と語った。 「そしてあなたは(ロシアのウラジーミル)プーチン大統領にこう言います。彼はテーブルに着かなければなりません、そしてあなたがテーブルに着かないなら、私たちはウクライナ人にマイダンであなたを殺すために必要なものをすべて与えます。」

彼らの論文によれば、ロシアはまた、ウクライナのNATO加盟の約束を長期間遅らせる一方で、交渉のテーブルに着くよう説得されるだろう。

ロシアは2022年2月に隣国のウクライナに侵攻した。ロシアがここ数カ月である程度の前進を見せたとはいえ、執拗な塹壕戦で双方に数万人の死者が出たにもかかわらず、同年末から前線はほとんど動いていない。第二次世界大戦後、ヨーロッパで最も血なまぐさい戦闘。 二。

フライツ氏は、ウクライナは計画に基づいてロシアに正式に領土を譲渡する必要はないと述べた。 ただ同氏は、ウクライナが近い将来に全領土の実効支配を取り戻す可能性は低いと述べた。

同氏は、「われわれが懸念しているのは、この戦争が消耗戦となり、全世代の若者が命を落とすことになるということだ」と語った。

ケロッグ氏とフライツ氏は、ウクライナの平和が永続するには、ウクライナの追加の安全保障が必要になると述べた。 「ウクライナを徹底的に武装させること」がその重要な要素となる可能性が高いとフライツ氏は付け加えた。

トランプ大統領のチャン報道官は、「トランプ大統領は、2期目の最優先事項はロシア・ウクライナ戦争の早期終結交渉であると繰り返し述べてきた」と述べた。 「ドナルド・J・トランプが大統領だったら、ロシアとウクライナの間の戦争は決して起こらなかっただろう。 とても悲しい。”

バイデン陣営は、トランプ大統領はプーチン大統領に立ち向かうことに興味がないと述べた。

陣営のジェームズ・シンガー報道官は、「ドナルド・トランプ氏は機会あるごとにウラジーミル・プーチン氏を称賛しており、プーチン氏に対抗したり民主主義を擁護したりしないことを明確にしている」と述べた。

優位な手

一部の共和党議員は、この計画に基づいてウクライナにさらに多くの資源を支払うことに消極的だろう。 米国はモスクワ侵攻以来、ウクライナへの軍事援助に700億ドル以上を費やしてきた。

外交問題評議会の上級研究員チャールズ・カプチャン氏は、「(トランプ支持者が)したいのは、栓を閉めないにしても、援助を減らすことだ」と語った。

プーチン大統領は今月、ウクライナが北大西洋条約機構(NATO)加盟の野望を放棄し、ロシアが主張する東部と南部の4地域を引き渡すことに同意すれば、戦争は終結する可能性があると述べた。

先週の国連安全保障理事会の会合で、フランスとイギリスの大使は、ロシアがウクライナ領土から撤退する場合にのみ平和が達成できるとの見解を繰り返し表明し、キエフも同様の立場を表明した。

多くのアナリストはまた、ケロッグ・フリッツ計画によってロシア側が交渉で優位に立つ可能性があると懸念を表明した。

元国務次官補でロシア政治に携わったダニエル・フリード氏は、「ケロッグ氏が説明しているのは、ロシアが現在占領している全領土をウクライナが放棄する傾向にあるプロセスだ」と述べた。

トランプ大統領は先週のラジオインタビューで、ウクライナへの米軍派兵の可能性を否定し、ウクライナのNATO加盟には懐疑的なようだった。 同氏は、選出されれば東欧諸国への援助削減に速やかに動く意向を示した。

バイデン氏は一貫してウクライナへのさらなる援助を求めており、政権はウクライナの最終的なNATO加盟を支持している。 6月初め、バイデン氏とウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は10年間の二国間安全保障協定に署名した。

Euractiv で詳細を読む

READ  普通のロシア人はプーチンの握りから逃れるために必死です