Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トルコ南部で山火事が猛威を振るう中、3人が死亡、10人が立ち往生

消防士が木曜日の2日目の大規模な炎と戦ったため、トルコ南部での大規模な山火事で3人が死亡しました。

国の災害および緊急事態管理庁は、アンタルヤのリゾートの近くで立ち往生している10人を救助するための努力が進行中であると言いました。

火災の結果、100人以上が避難したり、治療が必要になったり、物的損害が発生したりしました。

地中海東岸諸国とそれ以降では、消防士は今週、高温、強風、深刻な干ばつの中で制御不能な火災と戦いました。

レバノンでは、水曜日に火事が発生し、10代の若者が死亡しました。一方、ギリシャ当局は、火事がアテネに近づくと、首都以外の地域の前日に避難しました。 すでに数百人が避難しています 山火事がサルデーニャを荒廃させるシベリアのロシアの消防士は、広大なヤクート地域で燃えている何百もの火事と戦うためにもっと助けを求めました。

トルコの農業大臣BekirPakdemirliは、火災に取り組むために約400人の消防士、飛行機、19機のヘリコプターがマナウガトの町とその周辺地域に送られたと述べた。

Pakdemirliは、マナウガトの北東10マイルにあるKepezbilene地区を避難しているときに、82歳の男性が死亡しているのが発見され、近くのOymapinarダムで10人が立ち往生したと述べた。

彼は、多くの人々が負傷している間、救助隊が立ち往生している人々に向かっていると言いました。

READ  12歳の少年が学校のいじめっ子に襲われて死亡「頭を殴るのに1ドル払った」