Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トルコ選挙:野党がイスタンブールとアンカラで勝利を宣言

トルコ選挙:野党がイスタンブールとアンカラで勝利を宣言

  • ポール・カービーとカギル・カサポグル著
  • ロンドンとイスタンブールでは

画像ソース、 ロイター/ウミット・ベクタシュ

写真にコメントして、

イスタンブールや他の都市の野党支持者らは勝利の規模が明らかになり祝った

トルコの主要野党はイスタンブールとアンカラの主要都市で行われた大統領選挙での勝利を発表した。

2019年に初めて野党側のイスタンブール市長に就任したエクレム・イマモール氏は、「この写真を見て私たちはとても幸せになった」と語った。

レジェプ・タイイップ・エルドアン大統領が大統領として3期目を確保してから1年後、彼は生まれ育った都市を取り戻すことを目標にし、市長に就任した。

しかし、この夜は主力野党が勝利に近づいた。

世俗派CHPがイズミル、ブルサ、アダナ、リゾート地アンタルヤなど、トルコの他の主要都市でも勝利を収めることができたことは注目に値する。

この結果は、過去21年間トルコを率いてきた男にとって大きな打撃となった。 同氏が率いる正義発展党が全国の世論調査で敗北したのは、同氏が政権を握って以来初めてだった。

エルドアン大統領(70歳)は、選挙が期待通りに行われなかったことを認めたが、アンカラの支持者らに対し、「これは我々にとって終わりではなく、むしろ転換点となるだろう」と語った。

彼はイスタンブールで党の選挙運動を主導し、トルコ最大の都市で新時代を始めることを誓った。

しかし、市内で開票率の85%が終了した時点で、イマモール氏はエルドアン大統領率いる正義発展党のライバルを10ポイント以上上回った。

首都アンカラでは、世俗野党共和人民党の同僚マンスール・ヤヴァシュ氏が59%でライバルを大きくリードしており、開票が半分にも満たない時点で勝利を宣言した。 支持者らは市内の主要道路をすべて封鎖し、旗を振り、車のクラクションを鳴らした。

画像ソース、 トルガ・ボゾグル/EPA-EFI

写真にコメントして、

エクレム・イマモールは2019年に相手からイスタンブールを獲得した

オズグル・オジル党首は、歴史的な投票でトルコの顔を変えることを決めた有権者を称賛し、「彼らは我が国の新たな政治情勢への扉を開こうとしている」と述べた。

人口約1600万人の大都市イスタンブールでは、市の主要な建物の外に群衆が集まった。 彼らはトルコ国旗やトルコ建国の父ケマル・アタチュルクと並んでイマモールの写真を描いた横断幕を振ったが、彼のポスターは地方自治体の建物の壁に貼られていた。

「私たちに対する国民の信頼と信頼は報われたと言えます」とイマモール氏は語った。

同氏とマンスール・ヤヴァシュ氏は、2028年の大統領選に立候補する可能性があると考えられている。

イスタンブールで最も古い地区の一つであるサラチャネでは、イマモール氏の支持者らがドラムやクラリネットに合わせて踊りながら「すべてはうまくいく」と唱えた。

現在のイスタンブール市長は、5年前にエルドアン党から市を獲得したときに初めてこのスローガンを使用した。 さらちゃんの一部の看板には現在のスローガン「全速力前進」が使用されていました。

イマモール氏の支持者、イェシム・アルバイラクさん(25)はBBCに対し、「これは単なる地方選挙だが、大都市での野党の勝利は与党に対する大きな強さを示すものだ」と語った。

27歳のメフメト・パンカシさんはBBCに対し、トルコには変革の必要があると語り、「もし昨年の大統領選挙でイマモールかマンスール・ヤヴァシュがCHP候補だったら、彼らは間違いなく勝っていただろう」と語った。

5年前、イマモール氏は他の野党の支援を受けてイスタンブールで長年続いたAKPの統治を打倒した。 しかし、昨年の大統領選挙の敗北を受けて野党の結束は崩壊し、AKPは2019年の勝利を覆す大きな期待を抱いていた。

この都市には、トゥルキエの人口約 8,500 万人の 5 分の 1 が住んでいます。 イスタンブールを統治すれば、貿易、観光、金融を含むトルコ経済の多くを支配できるようになります。

日曜日の選挙前、現職市長はAKP候補ムラット・クルム氏の強い挑戦に直面しており、投票は非常に接戦であるとみられていた。

しかし、与党はインフレ率が67%、金利が50%に上昇する経済危機を脱することができなかった。

エルドアン大統領率いる正義発展党は、2023年2月に発生した二重地震で被害を受けた南東部地域でさらなる成功を収めた。カフラマンマラシュ市とガズィアンテプ市では同党がリードしている。

約6,100万人のトルコ人が日曜日の選挙に参加する資格があり、100万人以上の若い有権者が初めて投票した。 全国 81 州の参加率は 76% 以上と推定されています。

画像ソース、 Murat Kulu/PPO/会報

写真にコメントして、

日曜の投票は21年間政権を握ったエルドアン大統領の人気を試すものとみられている

READ  英国が気候変動に強い作物に取り組む新たな科学的取り組みを開始