Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トータルエナジー年次総会が気候活動家の決定を拒否、催涙ガスで大気汚染

トータルエナジー年次総会が気候活動家の決定を拒否、催涙ガスで大気汚染

[パリ(ロイター)]-トータル・エナジーの株主は金曜日、気候変動抗議活動参加者による年次総会の妨害を阻止するために警察が介入したことを受け、石油大手の温室効果ガス排出プログラムの早期削減を求める活動家決議を拒否した。

気候変動団体フォロー・ディスと総額1兆1000億ユーロを運用する機関投資家17社が導入したこの決議案は得票率30.44%となり、前回同様の決議案が提出された2020年の投票結果17%から上昇した。

パリ中心部の会場の外には、これまでの衝突で発生した催涙ガスの匂いが漂い、警察は催涙スプレーを使用して一部のデモ参加者を引きずり出し、数百人の気候変動活動家の間で協力者たちの道を確保した。

会議出席者全員は、会議中は携帯電話を密封された袋に入れるよう求められました。

パトリック・プヤンヌ最高経営責任者(CEO)は予定通り開始された会議で「この会議が本来あるべき状況で開催されなかったことを遺憾に思う」と語った。 いずれにせよ、対話が続くことを願っています。」

気候変動活動家らが石油会社に対し、より厳しい温室効果ガス排出目標を設定するよう要求を強める中、抗議活動参加者は今週初めにシェルの株主総会の演壇に乱入しようとし、先月のBPの総会を妨害した。

アニエス・バニエ・ロナシェ・エネルギー大臣は金曜日、フランス・インフォ・ラジオに対し、石油・ガス会社は「自らを改革」する必要があり、化石燃料からの脱却の道筋を描けなければ未来はない、と語った。

このフォロー・ディス決議案はトータルエナジー社の取締役会に反対されたが、再生可能資産の追加に伴って低下する可能性のある原単位目標ではなく、2030年までにさらに絶対的な排出量削減に取り組むよう同社に求めた。

また、TotalEnergiesに対し、顧客が同社が販売する航空機や自動車などの燃料を燃焼させる際に放出されるスコープ3排出量を2030年の目標に含めることも求めた。

CEOのマーク・ヴァン・バル氏は、金曜日の投票は「素晴らしい結果であり、間違いなく株主の反乱だ」と述べた。

「投資家の3分の1はトタルは2030年までに排出量を削減する必要があると述べており、スコープ3の排出量は同社の責任ではないと言って顧客の後ろに隠れることはできない」と同氏は述べた。

科学者らは、産業革命以前の水準からの気温上昇を摂氏2度(華氏3.6)未満に抑えるという2015年のパリ協定の目標を達成するには、世界が2030年までに温室効果ガス排出量を2019年の水準から約43%削減する必要があると述べている。

TotalEnergies は、2030 年までに顧客が排出する排出量が全体的に大幅に削減されるとは想定していません。

同社の内部気候計画は、直接所有施設でのガス削減を提案しており、スコープ 3 は対象外であり、投票の 88.76% で承認されました。

グリーンピースの活動家を含むデモ参加者が掲げた横断幕の一つには、「旗は明確だが、トタルはそれを無視している」と書かれていた。

ロイターグラフィックス ロイター

パリ協定の遵守を求める企業決定への支持が高まっている。

今週初め、シェル株主の5分の1近くが「この決定の追求」を支持したが、先月のBP総会でのグループの決定に対する支持率は17%で、昨年よりわずかに高かった。

影響力のある株主アドバイザーであるISSとグラス・ルイスはトータルエナジーの投票に対して反対の勧告を行い、ISSは賛成票を推奨し、グラス・ルイスには辞退するよう促した。

2022年、TotalEnergiesの取締役会は同様の議題設定決議を阻止した。 法的問題を挙げて 提案の文言とともに。

ノルウェーの政府系ファンドは金曜日、大手石油会社のより厳しい気候変動目標を支持すると表明したが、意思決定活動家であるトータルエナジー株主総会には反対すると述べた。

Benjamin Mallet と America Hernandez による追加レポート、Silvia Aloisi、Richard Love、Barbara Lewis による編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  イランは2020年にウクライナの旅客機を撃墜したとして実刑判決を下す | ニュース