Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ドイツが日本を抜いて世界第3位の経済大国に

ドイツが日本を抜いて世界第3位の経済大国に

東京、2月15日(EFE)-ドイツ政府は木曜日、2023年にドイツの名目GDPが日本の名目GDPを上回り、アジアの国を世界第4位の経済大国に押し上げたと発表した。

この発展は、長年にわたる低成長とデフレ、そして円安の後にもたらされました。

日本の内閣府が木曜日に発表した速報によると、現在の市場価格で評価された国内総生産を示す日本の名目GDPは、2023年に5.7%増加して591兆5000億円(3兆9300億ドル)となった。

1月15日、ドイツは2023年の名目GDPが前年比6.3%増の約4兆1200億ユーロ(約4兆4000億ドル)となり、現在の為替レートで日本を抜いて世界第3位の経済大国になると発表した。

換算時の経済規模の縮小は、近年の急激な円安の影響を反映したものです。

木曜日の東京証券取引所午前の取引で、円は1ドル=150.22─150.57円、1ユーロ=161.18─161.58単位で取引された。

これらのデータは、日本経済の脆弱性を浮き彫りにしている。これは、実質購買力の喪失の中で遅れている需要主導型の成長を達成しようとする政府と日銀にとって、新たな課題となっているが、賃金上昇も伴う。不十分であることが証明されています。

報告書によると、2023年の日本の実質GDP成長率は前年比1.9%で、この成長は今年上半期の経済拡大と、その後の最後の2四半期の経済縮小に支えられたものだという。

日本の実質 GDP は、7 月から 9 月にかけて 0.8% 減少した後、10 月から 12 月まで四半期ベースで 0.1% 減少し、2 四半期連続で縮小し、日本を技術的不況に陥りました。 イヴィー

MRA/PD

READ  混合バッグ:オリンピックは、不安定なパンデミックを一瞬で終わらせます