Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ドイツが日本を抜いて第3位の経済大国に

ドイツが日本を抜いて第3位の経済大国に

世界最大の経済大国になると期待されていた日本は昨年ドイツに遅れをとって第4位となったが、インドは今年後半に両国を追い抜くと予想されていることが2月15日木曜日の公式データで明らかになった。

政府データによると、1.9%の成長にも関わらず、日本の2023年の名目GDPはドル換算で4.2兆ドルだったのに対し、先月発表されたドイツの数字によると、ドイツは4.5兆ドルだった。

このポジションの変化は主に、対ドルでの円の急激な下落を反映しており、円は対米ドルで2022年と2023年に約5分の1下落し、昨年の約7%も含まれている。 その理由の一部は、インフレ上昇に対抗するために借入コストを引き上げている他の主要中央銀行とは異なり、日銀がマイナス金利を維持しているためである。

両国の経済は輸出に大きく依存しているが、ドイツの製造業はエネルギー価格の高騰とロシアのウクライナ侵攻によって特に大きな打撃を受けている。 欧州最大の経済大国はまた、欧州中央銀行によるユーロ圏での利上げのほか、予算をめぐる不確実性や慢性的な熟練労働者不足によっても打撃を受けている。

1月、ドイツのクリスティアン・リンドナー財務大臣は、自国が「ヨーロッパの病人」であるという非難を否定した。 同氏は「ドイツは短い夜を過ごして疲れ果てており、低成長予想は​​一部は警鐘だ」と述べた。

続きを読む 購読者限定 ドイツは経済の冬眠から抜け出す能力に疑問を抱いている

人口減少

日本はまた、特に自動車などの輸出に大きく依存しており、円安が売上高の増加に貢献している。 しかし、人口減少と出生率が依然として低いため、労働力不足という点ではドイツ以上に苦しんでいる。

木曜日の統計によると、同国の経済は2023年最終四半期に0.1%縮小し、0.2%成長という市場予想に反した。 第3・四半期の成長率もマイナス0.8%に下方修正された。 日本は 1960 年代後半に米国に次ぐ世界第 2 位の経済大国となり、1970 年代と 1980 年代の好況期には、日本が第 1 位になると予測する人もいました。 しかし、1990 年代初頭の日本の資産バブルの壊滅的な崩壊は、数年間の「失われた 10 年」の経済停滞とデフレをもたらしました。

自分探し

2010年にアジアのライバル日本が中国(現在約4倍の経済規模)に追い抜かれたとき、それは大規模な自己探求を促した。 円安との関係が大きいが、ドイツに後れを取ることは日本の自尊心に打撃となり、不人気な岸田文雄首相への圧力がさらに高まるだろう。

続きを読む 購読者限定 日本は国境を再開し、経済活性化のために観光業に賭けている

一連の不祥事に悩まされている岸田氏は2度の内閣改造を行い、11月には17兆円(1185億ドル)の景気刺激策を発表した。 国際通貨基金によると、若い人口を抱えるインド経済は2026年に日本を追い越し、さらに2027年にはドイツを追い越すと予想されており、さらなる痛みが待ち受けている。

新しい

ルモンドアプリ

体験を最大限に活用しましょう: アプリをダウンロードすると、いつでもどこでも英語でル モンドをお楽しみいただけます

ダウンロード

財務ジャーナル ニッキ 同氏は先週の社説で、ドイツ経済は独自の問題に直面していると述べた。 同紙は「しかし、日本は潜在成長力の向上には進んでいない。この状況は、放置されてきた経済改革を加速するための警鐘として受け止めるべきだ」と述べた。

ルモンド紙(AFP通信)

READ  日本の次期首相は、ウイルス、経済、中国に対して迅速に行動しなければならない-ジャンムー・カシミール最新ニュース| 観光