Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ドイツのバイエルン州で洪水から人々を救おうとして消防士が死亡 | ドイツのバイエルン州で消防士が洪水から人々を救おうとして死亡 | 世界のニュース

ドイツのバイエルン州で洪水から人々を救おうとして消防士が死亡 | ドイツのバイエルン州で消防士が洪水から人々を救おうとして死亡 | 世界のニュース

22歳の消防士と43歳の女性も行方不明となっている。 一方、土曜日の夕方、乗客185人を乗せた列車が、土砂崩れにより車両が線路の一部から転落し脱線した。

による ダニエル・ベインズ、ニュース記者


2024 年 6 月 2 日日曜日 16:18、英国

ドイツ南部で洪水で閉じ込められた人々を救出しようとして消防士が死亡した。

土曜日、バイエルン州プファッフェンホーフェン・アン・デア・エルムでボートが転覆したとき、42歳の彼は同僚3人とゴムボートに乗っていた。

当局者によると、遺体は日曜早朝に回収された。

オーヴィンゲンの22歳の消防士とシュロベンハウゼンの43歳の女性を含む2人も行方不明となっている。

ドイツのメディアによると、女性は水に浸かった地下室に閉じ込められている恐れがあり、救助隊員はまだ連絡が取れていない。

その後、その地域で数百人が救助された中での出来事だった 洪水 土曜日は一部地域が通行止めとなった。

洪水は日曜日いっぱい続くと予想されている。

ドイツ国防省は金曜日、洪水対策のために約800人の兵士を派遣したと発表した。 彼らはバイエルン州に土のう、毛布、車両などの支援を提供しています。

ドイツ人 オラフ・シュルツ首相はXウェブサイトに次のように書いた。「私たちは、多くの場所で洪水の被害と闘っている救助隊員や支援者に感謝と敬意を表します。

「プファッフェンホーフェンの消防士の死に悲しんでいます。彼の家族と同僚に思いを馳せています。」



写真:
日曜日の列車脱線事故現場に到着した警察。 写真:AP通信

土曜日の夜には、シュトゥットガルトの東約30マイル(50キロメートル)にあるシュヴェービッシュ・グミュントの町付近でも豪雨により列車が脱線した。

土砂崩れで車両が線路の一部から転落したが、乗客185人に怪我はなかった。



写真:
列車には180人以上の乗客が乗っていた。 写真:AP通信

このような状況の影響で、この地域の鉄道サービスは広範な遅延や運休に見舞われているほか、道路にも重大な混乱が発生している。

この地域の2つのダムも決壊し、20近くの学校が閉鎖された。

シュルツ氏 彼は月曜日に被災地を訪問する予定だ。

ドイツ緑の党のロベルト・ハベック副首相兼経済大臣は、気候変動が国内の異常気象現象の増加を引き起こしていると述べた。

「自然災害は常に人類に付きまとっている。私たちが目にしているのは、こうした出来事の頻度が劇的に増加しているということだ」と同氏はn-tvに語った。

「記録的な洪水は数年ごとに起こります…記録的な雨は数年ごとに起こります。」

スカイニュースから詳しく読む:
イスラエルの抗議活動参加者が首相に停戦合意の受け入れを要求
北朝鮮、さらに多くの風船を韓国に送る
デ・ニーロ、トランプ発言を受けて賞剥奪

これはストーリーの限定版であるため、残念ながらこのコンテンツは利用できません。

フルバージョンのロックを解除する

ここ数日、ヨーロッパの他の地域でも豪雨が発生している。

20代前半の男性1人と女性2人の友人3人が、この地域で洪水に流され死亡したとみられる。 北イタリア

地元メディアによると、3人が最後に抱き合っているのが目撃されたのは金曜日で、ウーディネ近郊のナティソン川付近で3人の周囲で水が急速に増水した。

日曜日には近くで2人の遺体が発見され、3人目の捜索が続いている。

READ  パンドラペーパー:漏洩した文書はグローバルエリートの財政を明らかにする