Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ドイツはフィリピン、日本、インドネシアで行われたワールドカップで優勝した

ドイツはフィリピン、日本、インドネシアで行われたワールドカップで優勝した

フィリピン、日本、インドネシアが主催した大会は日曜日に最高潮に達し、ドイツがセルビアに83対77で勝利し、FIBAバスケットボールワールドカップ初のタイトルを獲得した。

9月 2023年10日、マニラのモール・オブ・アジア・アリーナで行われたFIBAバスケットボールワールドカップ決勝戦で、ドイツのデニス・シュローダー選手(17歳)がセルビア戦のバスケットに出場。 (NBAE/ゲッティ/共同)

大会MVPのデニス・シュレーダーはマニラのモール・オブ・アジア・アリーナでドイツを勝ち点28でリードし、沖縄アリーナや3カ国のその他の会場で行われたグループ戦と順位戦の後に決勝トーナメントが行われた。

決勝進出者の2チームは、ワールドカップでヨーロッパの上位2チームとして、2024年パリオリンピックへの自動出場権を獲得した。 パリではアジアで最も成績の良いチームとして出場権を獲得した日本と合流する。

ドイツは第3クォーターで13-2とリードしたが、アレクサ・アブラモビッチの21得点を筆頭にセルビアが終盤に勢いづき、試合は終盤に危うい状況になった。 残り21秒でシュローダーがレイアップでこれを決めた。

ゴーディ・ハーバート監督率いるチームは8月25日、グループEで沖縄に本拠を置く日本に81対63で勝利し、8勝0敗の成績でシーズンを終えた。

ハーバートは「素晴らしい瞬間だ。素晴らしい選手たちのグループだ。 私たちはまずチームであり、それから個々の才能を持っていました。」

NBAのベテランガード、シュローダー氏は、ドイツ人選手全員が、タフなディフェンスと素早いボールの動きに基づくハーバートのバスケットボール哲学に満場一致で取り組んでいると語った。

「チームとしてのプレーは素晴らしかった」とシュレーダーは語った。 「全員が(ボールを)動かし、触って、守備をする」。

カナダは3位決定戦でアメリカに延長戦127対118で勝利し、銅メダルを獲得した。

9月 2023年10日、マニラのモール・オブ・アジア・アリーナで行われたFIBAバスケットボールワールドカップ3位決定戦でアメリカとの対戦を祝うカナダの選手たち。 (アナドルエージェンシー/ゲッティ/共同通信)

日本は3勝2敗で大会を終え、1976年のモントリオール大会以来初めて非開催国としてオリンピック出場権を獲得した。

トム・ホバス監督率いるチームは、グループEの対戦相手フィンランドを98対88のスリラーな試合で破り、主要な国際トーナメントで最近最大の勝利を収めた。

上位16位決定の第2グループステージ進出を逃した日本は、予選のベネズエラ戦とカーボベルデ戦で2-0と勝利を収め、最終ステージでは大陸のライバルたちに先んじて勝ち上がった。


関連報道:

バスケットボール:改革による日本のワールドカップ成功の成果

ワールドカップで日本のバスケットボールはオリンピックよりも先になる

バスケットボール:FIBAワールドカップで日本がオリンピックゴールを共催


READ  日銀は金利据え置き、緩和には慎重