Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ドイツは原子力発電所の半分のプラグを引っ張る

ドイツは、再生可能エネルギーへの移行の一環として、金曜日に残りの6つの原子力発電所のうち3つを閉鎖する予定です。

ベルリンは、地震と津波が25年前のチェルノブイリ以来の世界最悪の原発事故で沿岸プラントを破壊した2011年に日本の福島原子炉が崩壊した後、原子力発電の段階的廃止を加速することを決定した。

E.ONとRWEが運営するブロクドルフ、グローンデ、グンドレミンゲンのC原子炉は、3年半の運転期間を経て金曜日に閉鎖されます。

最後の3つの原子力発電所、Isar 2、Emsland、Neckarwestheim IIは、2022年末までに廃止される予定です。

クリーンで安価だと考えるエネルギーを段階的に廃止することは、野心的な気候目標とエネルギー価格の高騰に直面しているため、ヨーロッパ最大の経済にとって不可逆的な動きです。

「ドイツのエネルギー産業にとって、核兵器の段階的廃止は最終的なものです」と、BDEWエネルギー産業協会の会長であるKirstenAndreaは述べています。

協会によると、今年は6つの原子力発電所がドイツの発電量の約12%を占めています。 再生可能エネルギーのシェアは約41%で、石炭は28%弱、ガスは約15%を生成します。

ドイツは、太陽エネルギーと風力エネルギーのインフラストラクチャを拡張することにより、再生可能エネルギーが2030年までにエネルギー需要の80%を満たすことを目指しています。

READ  トランピントンの住人は「私の友人の寛大さのためだけに生き残った」