Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ドイツ人夫婦は、ナチスがユダヤ人所有者から強制的に奪った家から出なければならないことを恐れている

ドイツ人夫婦は、ナチスがユダヤ人所有者から強制的に奪った家から出なければならないことを恐れている

5番目 ドイツ人の年金受給者とその息子は、第二次世界大戦前にユダヤ人所有者が所有していた自宅をすぐに追い出されるのではないかと心配している。

ベルリン近郊のヴァンドリッツに住むガブリエル・リスケさん(83)は、ホロコースト生存者を支援するニューヨークに本拠を置く非営利団体、ユダヤ人請求会議(JCC)が、家族が住んでいた土地を現在所有していると知らされたと語った。何世代にもわたって。

戦前、この施設はヴァンドリッツ湖近くの建物で児童養護施設を運営していた 2 人のユダヤ人女性、アリス ドナットとヘレン リンデンバウムによって所有されていました。

リースケ家の曾祖父で繊維製造業者のフェリックス・モグレンは、1939年にリースケ家の土地を21,500ドイツマルクで購入したが、この取引はユダヤ人に資産の清算を強いたナチスの政策下では「強制売却」とみなされていた。

アリス・ドナットとヘレン・リンデンバウムはアウシュヴィッツに送られ、1943年と1944年に殺害されました。

戦後東ドイツとなった地域では、所有権が世代から世代へと受け継がれました。

西ドイツではユダヤ人所有の財産の返還問題が戦後すぐに取り上げられたが、東ドイツではその手続きは1990年の統一まで延期された。1951年に設立された請求権会議は、この返還の法的後継者として指定された。相続人のいないユダヤ人の財産。 。

レスキさんは、彼女と息子のトーマスさん(59)にはJCCが家の一部に住むことを許可する余裕がなく、間もなく追い出されるだろうと語った。

請求会議会長のギデオン・テイラー氏はJCに対し、レスキ家はガブリエリさんが亡くなるまで家に留まるという申し出を拒否したと語った。

「リスケ家はドナート/リンデンバウム邸の立ち退きを求められている。この家はホロコースト中に家を売ることを強いられたユダヤ人が所有していたからだ」と同氏は述べた。

「没収または強制売却で購入された住宅を取り戻すプロセスは 1990 年に始まりました。 戦後すぐからの法原則です。 これは 1990 年にドイツ議会が制定したもので、ホロコースト時代の強制販売に対処するためのドイツ法です。 ここのように、ユダヤ人の財産がアーリア人によって押収された場合、それはアリアン化者の相続人には渡らない。 リースケ家は約10年前にドイツ政府から通知を受けた。 さらに、裁判官からは、祖母を許可するという提案がありました。 [Gabriele Lieske] 彼女が死ぬまでドナート/リンデンバウムの家に留まることが決まったが、家族はその提案を拒否した。

「これらの資産から回収された資金は、主に貧しい高齢のホロコースト生存者にサービスを提供するために、特に切望されている食料、医薬品、在宅ケアを提供するために使用されます。」

トーマス・リースケ氏はこう語った。 JC 彼は、自分の家族がドイツ国家から財政的、法的支援を受けていないことに腹を立てていた。

同氏は、「状況はひどい。我々はドイツ国家がここで我々を支援してくれることを誠意を持って期待していたが、そうではない、君たちはドイツに見捨てられたのだ」と語った。

「私は生活保護受給者ですが、法的保険に加入していないため、裁判費用は自分で支払わなければなりません。これまでは、 ユーロ30,000 [£25,610] 「それに、私の収入はほとんどないので、完全に破産してしまうでしょう。」

家族は2015年9月に財務省の一部門である連邦中央サービス・未解決財産問題局から手紙を受け取るまで、いかなる問題も認識していなかった。 彼女は、彼らの財産がJCCと特定される「申請者」に「返還される」と伝えました。

トーマス・リースケさんは、自分と母親が、どちらも関与していないことで責められるのは正しくないと言う。

「私は 1964 年生まれで、ドイツ民主共和国の国民として育ちました。

「ナチスがユダヤ人の財産を乗っ取ったことなど、私たちは何も知りませんでした。つまり、私たちにはユダヤ人の親戚がいたのです。

「私は政治的に右も左もまったくありません。私はまったくの普通の一般市民です。私たちは常に沈黙を守り、自分たちの仕事を果たしてきました。

「だから、全然連絡来ないんです」 その後何が起こったのか。 もちろん、それはすべてとても悲しいことですが、間違いなく、ナチス社会としてドイツがやったことは大惨事ですが、今は私がその責任を負っており、それとはまったく関係がありません。

JCC は東ドイツでの活動を通じて数千件の請求を処理し、約 24 億ユーロを集めました。

しかし、この返還は多くの生存者とその家族に解決策をもたらした一方で、何世代にもわたってこれらの土地に住み続けてきたレスケ家のような家族にとっては困難ももたらした。

長年にわたる不動産価値の大幅な上昇により、土地を買い戻すことが不可能になり、家を失う可能性に直面しています。

レスケス家は和解を望んで、ライプツィヒの連邦行政裁判所に控訴した。

ガブリエレ・レスキさんは、何が起こるかを知っているというストレスに対処するのに苦労していると語った。 「今、私たちが何を期待されているのかわかりません。ニュースを知るのが遅すぎました。必要なお金を支払うことができません。私は退職しており、高齢です。では、どうやってお金を稼ぐことができますか?私に何が起こるかわかりません。あなたがこのすべてにどのように対処することを期待されているのかわかりません。

READ  COVID-19:今年最も忙しい週末の英国の空港での「完全な混乱」-COVIDチェックとスタッフ不足のせい| 英国のニュース