Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ドイツ東部が極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」に賛成票を投じたことを受け、ドイツの政治家が「統一2.0」を提案

ドイツ東部が極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」に賛成票を投じたことを受け、ドイツの政治家が「統一2.0」を提案

AfDとBSWは福祉政策を巡って意見の相違があるものの、両党は外交政策において親クレムリンの傾向を共有しており、さらなる難民の受け入れを拒否している。

火曜日、両党の代表者がドイツ連邦議会でのウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の演説をボイコットし、スキャンダルを引き起こした。

あるBSW議員は、この動きを「ゼレンスキー氏に大砲の餌として利用されている」ウクライナ人との連帯行動として正当化した。

ドイツの学者らは、ドイツの二つの地域の統一後に東側のポピュリズムを煽った誤りを指摘している。

「統一後、東部では工業用地が閉鎖され大量の失業者が発生した。これは民主主義が根付くことができないことを意味した」とケムニッツ工科大学の研究者ベンジャミン・ホーン氏はテレグラフ紙に語った。

「現在、気候政策などの分野で大規模な変革が起こっており、東ドイツ国民はこれまで築いてきた富を失うことを恐れている。古き良き時代への回帰を約束する大言壮語をしている政党はAfDだけだ」と付け加えた。 。

東部の賃金は長年にわたって西部の約80%で停滞しており、ドイツの主要DAX企業はいずれも東部に本社を置いていない。

その一方で、西ドイツの数十億ユーロの税金が東部の再建に注ぎ込まれており、裕福なドイツ人は依然として東部のインフラ整備のためにいわゆる連帯税を寄付している。

東部チューリンゲン州のボド・ラメロウ知事は、西ドイツ人は東部にあまりにも多くの公的資金が支出されているため、東部を軽視することが多いと語った。

「ソーシャルメディアでは、なぜ東ドイツ人がもっと感謝しないのか疑問に思っている人々がいる」と日曜日の投票後にラメロウ氏は語った。 「しかし、東ドイツ人は何も謝罪する必要はありません…そして一部の人々が彼らからの感謝を期待しているという事実が問題を悪化させています。」

しかし、AfDの人気が最近の出来事で説明できると誰もが確信しているわけではない。

この党の訴えは外国人排斥に根ざしている

英国の歴史家ジェームズ・ハウズは、この党の訴えの根源は、12世紀にスラブ人がかつて住んでいたエルベ川以東の土地に東ドイツが植民地化して以来、東ドイツ人の間に存在していた外国人嫌悪にあると主張した。

同様に、ライプツィヒ大学が昨年発表した世論調査では、東ドイツにおける権威主義への強い魅力が党の成功を説明していると結論づけた。

この秋、東西間の亀裂は永久的な分裂に近づくかもしれない。

ドイツ東部の3州で行われた選挙では、ドイツのための選択肢(AfD)政党が勝者となりそうな勢いだ。

ドイツ国内のスパイ機関の監視下に置かれるほど党の立場が極端なザクセン州とテューリンゲン州では、AfDが得票率30%以上を獲得すると予想されている。

ワーゲンクネヒト氏率いるBSW党が二桁の成績を収めたことで、西側で単一の政党を設立せずに新しい州政府が樹立される可能性があるという転機が訪れる可能性がある。

READ  シンガポール航空:乗客は飛行機の乱気流の恐怖を思い出す