Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ドルは東京で約109.70円まで下落

ドルは月曜日に東京で約109.70円まで下落し、株の下落と実際の需要に応じた売りが重荷になった.

午後 5 時、ドルは 109.72 円で決済され、金曜日の同時刻の 109.89 円から下落した。 ユーロは 1.2190 ドルで、1.2187 ドルからほとんど変わらず、133.75 円で 133.92 円から下がった。

注目されている4月の米国個人消費支出指数の予想以上の上昇を受け、金曜日のオフショア貿易で110円を超えた反発を受けて買いがあり、早朝のドルは109.90円前後で取引されていた。インフレ指標。

しかし、日経平均株価が下落した後、リスクオフ感情が強まったため、グリーンバックは取引半ばで109.70円を超えました。 トレーダーらによると、ドルは、月末に日本の輸出業者による急落も受けた。

その後、米国と英国で週末から月曜日までの 3 日間の市場変動イベントがなかったため、ドルは 109.65 円から 109.75 円の間で大きく横ばいしました。

プレーヤーは、今週発表される予定の主要な米国経済指標、特に火曜日と木曜日にそれぞれ発行予定の米サプライ マネジメント協会の製造およびサービス指標、および金曜日の労働省の雇用報告から、取引の手がかりを得たいと考えています。

ある通貨ブローカーは、「このデータは、米国連邦準備制度がいつ資産購入を縮小し始めるかについての憶測を助長する可能性がある」と述べた.

誤報と大量の情報が混在する時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクライブすることで、ストーリーを正しく伝えることができます。

今すぐ購読する

READ  25 年間の企業の資産形成から得た 5 つの教訓