Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ドルは週間急落に備え、ドル対円は150円を下回る

ドルは週間急落に備え、ドル対円は150円を下回る

ニューヨーク/ロンドン(ロイター) – 金曜日、世界経済の弱さへの懸念が高まる中、ドルは他の主要通貨に対して今年最大の週次下落率の一つに向かいつつあった一方、円は1ドル=150円を下回って大きく上昇した。 。 経済予測。

火曜と水曜の米インフレ統計が予想より低かったことを受け、連邦準備理事会(FRB)の利下げ時期に関する市場の予想が再設定され、ドルの重しとなった。 ドルは過去5日間で1.6%下落し、週間では7月以来最大の下落となる見通しで、今年2番目に大きな下落となる。

データによると、10月の米国の一戸建て住宅建設件数が若干増加し、一時ドルを支援したが、インフレが主な市場の牽引役となったため、この日のドルは依然として下落した。

CIBCキャピタル・マーケッツ(トロント)の北米外国為替戦略責任者、ビピン・ライ氏は「最近の一連のデータは、インフレ面で進展があったことを示している」と述べた。 「当初の勢いはドル安に向かうようだ。」

他の主要6通貨に対する米国通貨の価値を示すドル指数は0.23%下落した。

マッコーリー(ニューヨーク)の世界為替市場・金利アナリスト、テリー・ワイズマン氏は「すべてが米国の今年第4・四半期の景気減速を示している」と述べ、主要なシグナルは企業が成長期待を引き下げることだろうと付け加えた。

「第3四半期に見られたような価格設定の強さは見られず、第3四半期に見られたような顧客の熱意も見られない」とワイズマン氏は語った。

ユーロは、ユーロ圏のインフレ率が10月に前年比で大幅に鈍化したことがユーロ統計統計で確認されたことを受け、0.17%上昇して1.0868ドルとなった。

ドル高の影響を大きく受けた円は、約2週間ぶりに150円の壁を突破し、月曜以降、日本通貨に対して約1.4%下落し、0.75%上昇して1ドル=149.61円となった。

MUFGの通貨アナリスト、リー・ハードマン氏は、円高は世界的に「デフレ懸念が高まっている」という事実を反映していると述べ、日本の貿易条件はエネルギー価格下落の影響をあまり受けていないと付け加えた。

英国の小売売上高が予想を下回り、今週はマイナス指標が続いたが、ポンドはこの日0.10%高の1.2418ドルまで上昇した。

世界的な統計の鈍化は経済見通しへの懸念を引き起こしているが、同時に中央銀行が物価上昇との戦いに勝利しつつある可能性を示唆している。

先物市場は、FRBの翌日物貸出金利が2024年12月までに93ベーシスポイント引き下げられることを織り込んでおり、これがドル安の一因となっている。

金融市場はまた、来年のユーロ圏での100ベーシスポイントの利下げをほぼ完全に織り込んでいる。 しかし、ECBの政策担当者であるロバート・ホルツマン氏とヨアヒム・ネーゲル氏は金曜日、ECBは必要に応じて利上げを再開する準備ができているべきだと述べた。

欧州中央銀行のクリスティーヌ・ラガルド総裁は同日、欧州連合は資本市場同盟を必要としていると述べ、重債務政府も銀行も域内の生産性と独立性を高めるために必要な資金を提供できないと付け加えた。

(ハーバート・ラッシュによる追加レポート、ロンドンのイアン・ウィザーズとシンガポールのレイ・ウィーとトム・ウェストブルックによる追加レポート – アラビア報のためにモハメッドが作成) 編集:マーク・ポッター、キルスティン・ドノヴァン

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  ジョー・バイデン大統領は日本とインドを移民を歓迎しない「排外主義的な」国だと述べた