Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ナイジェリア、日本の貿易量は年間10億ドルである、とガーディアンナイジェリアニュース大使は言います

ナイジェリア駐日日本大使松中粕吉氏は、ナイジェリアとアフリカの経済大国であるアフリカとの間の総貿易額は年間10億ドルであると述べています。

カジュヨシ氏は、月曜日にカトゥナのジャジでマーティンルーサーアクアイ国際リーダーシップ平和維持センター(MLILPKC)が主催した2週間の盗難防止コースの開会式で録画されたビデオを通じてこれを述べました。

この調査は、国連開発計画(UNDP)および日本政府と共同で行われました。 大使は、自国とナイジェリア間の貿易量を増やすための措置を推進する決意を表明した。 彼は、失業と貧困に対処するために、二国間貿易を促進し、ナイジェリアの経済成長を促進するための努力の必要性を強調した。

彼はまた、ナイジェリアでの漁業活動を促進するという自国の決意を表明し、それが経済を後押しすると述べた。

「日本政府は、ナイジェリア南部の州で漁業を促進する必要性を感じています。日本とナイジェリアは遠く離れていますが、私たちは海でつながっています。したがって、ナイジェリアの真の友人として、ナイジェリアのものは日本人であると言えます。事」と彼は言った。

彼は、西アフリカの主要貿易センターであるギニア湾の海上安全を確保することは、二国間貿易を促進するはずだと述べた。 日本政府は、海上安全保障責任者の能力開発を含む様々な措置を通じて、西アフリカの安全に貢献し、人々の生命を守ることに尽力していると述べた。

和義氏は、「このプロジェクトは、日本の能力開発への貢献の1つです。

「このプロジェクトは、日本の「アフリカの平和と安定への新しいアプローチ(NAPSA)」の3つの主要分野の1つである「紛争地域の確認支援」のカテゴリーに分類されます。

梶吉氏は、ナイジェリア政府、ナイジェリア軍、ナイジェリア海事局、防衛庁がさまざまなイニシアチブを通じて海賊行為に対抗するための継続的な取り組みを称賛した。

UNDPグループのガバナンス、平和と安全保障、マシュー・アロは、ギニア湾、特にナイジェリア海域での密輸と密輸と戦うために日本政府によって割り当てられた26万ドルのうち98,350ドルが調査に割り当てられたと述べた。

ギニア湾に位置する沿岸国には、ナイジェリア、アンゴラ、ベニン、カメルーン、Cடிted’Ivoire、コンゴ民主共和国、ギニア、赤道ギニア、ギニアビサウ、ガボン、ガーナ、サントメ・プリンシペ、トーゴ、シエラが含まれます。レオーネ。

READ  日本、5000万線量の職場用ワクチンを発売