Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ニカラグアからの脱出は母国の経済に恩恵をもたらす

ニカラグアからの脱出は母国の経済に恩恵をもたらす

APフォト/インティ・オコン
2023 年 2 月 25 日土曜日、ニカラグアのマナグアにあるウェスタン ユニオンの支店の前を通り過ぎるキャンディーの売り手.

メキシコシティ (AP) – 毎月、38 歳のアントン マルティネスは、米国で食器洗い機として働いていたときの賃金から 200 ドルを貯め、ニカラグアの母親に送金しています。

マルティネスはそれ以上のことを望んでいますが、彼はまだ新しい国で足場を見つけ、移民の借金を返済しようとしています. 彼の故郷の家族への毎月の寄付は、2022 年にニカラグアへの送金が 50% 増加したことの一部でした。アナリストは、過去 2 年間に米国に移民した何千人ものニカラグア人がこの大きな増加につながったと考えています。

政府が2021年初頭以来、反対意見に対する取り締まりを強化しているため、彼らは去った。世界的な高インフレは家計の購買力を低下させ、国内での雇用機会は依然として限られている。

ニカラグアから米国への到着者がこのように急増したのは、バイデン政権が 1 月に、彼らが最初にオンラインで亡命申請書を提出しない場合、国境で彼らを追い出すと発表した理由の 1 つです。 それ以来、その数は急激に減少しています。

しかし、2021年後半に到着したマルティネスと、すでにそこにいる他の人々は、昨年帰国した32億ドル以上でニカラグアの経済を維持しています.

ニカラグアのエコノミスト、エンリケ・サンズ氏は、昨年の大幅な増加は「移民数の不均衡な増加によってのみ説明できる」と述べた。

サエンツ氏は、移民は「(大統領ダニエル・オルテガの)主要なマクロ経済政策と主要な社会政策になった」と述べた。

ますます独裁的になるオルテガ政府は、米国政府とヨーロッパから制裁を科したが、その措置は、普通のニカラグア人にさらなる経済的困難を加えることを避けるために、オルテガの内輪と政権のメンバーを対象としたものだった。

しかし、昨年9月に終了した会計年度では、米国当局はニカラグアとの163,000以上の遭遇を記録しました。これは、2021年の合計数の3倍以上です。遭遇は12月に35,000以上でピークに達し、1月には3,377に減少しました。

その理由は、経済的機会の欠如から、政敵へのあからさまな迫害や反対意見までさまざまです。 オルテガは、2018 年 4 月に大衆の抗議運動が勃発した後、激しく取り締まりました。圧力は、国政選挙に先立って 2021 年に高まりました。

今月初め、彼は 222 人の投獄された反体制派をワシントン行きの飛行機に乗せ、外国のスポンサーに「テロリスト」を送っていたと述べた。

昨年まで、コスタリカはニカラグア人の主要な目的地でした。 しかし、隣国の小さな国の亡命制度は圧倒されており、待機期間は何年にもわたって延びており、その経済はCOVID-19パンデミックからの回復に苦労しています. コスタリカのロドリゴ・チャベス大統領は12月、寛大な亡命制度が経済移民によって乱用されていると主張して取り締まりを行った。

これらの要因により、遠く離れているにもかかわらず、米国はより魅力的な目的地になっています。 オルテガは、移民に対する米国の制裁を非難している。

マルティネスの場合、彼は 2018 年に反政府デモに参加し、いつ逮捕されるかを恐れて辞職しました。 「母がいなくて寂しいですし、ニカラグアが大好きですが、他に何もすることがありませんでした。休暇をとったり、いつか捕らえられたりしていました。」

他の多くの人が同じ決定に達しました。

ニカラグア政府は昨年末、9 月 17 日から 10 月 7 日までの間に 20,192 のパスポートを発行したことを示すデータを発表しました。 首都では、パスポート申請を処理するために毎日呼び出される数少ない番号の1つを取得するためだけに、住民が歩道にキャンプを張っていました。

仕事を見つけるために中退しなければならなかった 28 歳の大学生サブリナ ガズル モンカダは、夫が米国に旅行した 1 か月後の 10 月にニカラグアを離れました。

「本当につらい決断です。最終的には自分の国、家族、そしてあなたを支え愛してくれる人たちから離れるのですから」と彼女は語った。

ガゼルはバスと徒歩で北へ移動し、他の 200 人と共にセミトレーラーに詰め込みました。 中央アメリカとメキシコを 3 週間にわたって過酷で威圧的な旅をした後、ガゼルはテキサス州イーグル パス近くのリオ グランデ川を渡り、国境警備隊に出頭し、亡命申請プロセスを開始しました。

ニカラグアでは、「オルテガ政権に属さない人々は脅迫や迫害を受けており、表現の自由はありません」と語った。

彼女は米国に到着して以来、亡命を求めている間も働く許可を待っていたため、家に送金することができませんでした。

「ニカラグアでは、政府はやりたいことをやっていて、誰もが逃げ道を探しています」と彼女は言いました。 「結局、ニカラグアは若者がいなくなり、幽霊の国になってしまう」

READ  外国為替ヘッジのコストが米国から日本のお金を本国に送金するのはなぜですか?