Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ニコールミドリウッドフォードは「最初の光の最後の影」をカプセル化します

ニコール・ミドリ・ウッドフォードの超常現象ドラマ「ラストシャドウアットファーストライト」のシンガポールと日本での制作が終了しました。 出演:永瀬正敏、筒井真理子(「よこがお」、「よこがお」)、ピーター・ユー(「幻土」)、新人白田美早。

物語は、トラウマの無形の性質とその余波の波紋を、ビジョンに悩まされている16歳のエイミー(白田)を通して調べます。

「これは、シンガポールと日本の両方を舞台にした、家族の弱さについての暗闇と喪失から生まれた映画です。2つの国の間で撮影しながら、都市から私のキャラクターがいる広大な変容した風景まで、多様なシーンをキャプチャしたいと思っています。この痛烈な地形の真っ只中で俳優たちと一緒に仕事をするのは素晴らしいことでした。」

撮影の多くは、2011年の津波と原子力災害の影響を大きく受けた日本の陸前高田市とその周辺で行われました。

亡くなった母親(ツツイ)の古代の記録を発見すると、アミは何が起こったのかを否定する父親(ユウ)と対峙する。 彼女はビジョンの道をたどることを決意し、シンガポールを離れて日本に向かい、母親の最後の居場所を知っている唯一の人物、東京に引っ越した皮肉なタクシー運転の叔父(長瀬)と連絡を取ります。 二人は一緒に、日本の北東海岸地域にある家族の故郷への遠征に乗り出し、母親の失踪の謎を解き明かします。 この旅で、女性は悲しみで隔てられた家族との再会を望んでいます。 さらに、彼女は頻繁な夢の中で意味を見つけ始めました。

シネマトグラフィーは、現在カンヌ映画祭のある視点部門で金豹賞を受賞した「幻土」と「プラン75」を演じた、ウッドフォードの常連の協力者である浦田英穂によって提供されました。

この映画はジェレミー・チュア・ポトコル(シンガポール)、市山修三(日本)のフーリエフィルム、パープルツリーコンテンツに関連するバスティアンバークスタジオバーク(スロベニア)、108メディア、コギトワークス、ノクターンフィルム、ハローグループ、プリズムピクチャーズ、ホワイトライトバンコク、VSサービス、トゥルーカラーメディア。

プロジェクトの段階で、この映画はSEAFICラボのSEAオープンファンド賞とTorinoFilmLabフィーチャーラボのTFL共同制作賞を受賞しました。 このプロジェクトは、シンガポール国際映画祭のSEAラボとタレント東京でも監督されました。

制作は、シンガポール映画委員会、スロベニア映画センター、ビューレンピクチャーズ、タレント東京ネクストマスターズサポートプログラムによってサポートされました。 カンヌでは、108Mediaがグローバルな販売とポストプロダクションの資金調達を管理しています。

READ  「人間の条件」レビュー:日本の壮大なHD