Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ニュースナビゲーター:「ワクチンパスポート」とは何ですか?また、どの国が日本パスポートを受け入れますか?



2021年8月13日、千葉県成田市成田国際空港の静かな国際線出発ラウンジ(毎日/中村忠和)

毎日新聞は、コロナウイルスの予防接種を受けた人に与えられる「ワクチン接種パスポート」について読者が抱く一般的な質問に答えます。

質問:コロナウイルスに対する予防接種は日本で進歩し始めています。 ワクチン接種を受けた人は今、証明書を取得できますか?

回答:この証明書は「予防接種パスポート」と呼ばれます。 全国の市町村は7月26日から申請の受付を開始しました。 海外旅行を計画している人が、パスポートと予防接種の証明を持ってカウンターまたはオンラインで申請する場合、地方自治体は予防接種記録を確認した後に証明書を発行します。 証明書には、ワクチンの製造元、予防接種の日付、およびその他の情報が記載されています。

Q:予防接種パスポートはどのような場合に使用できますか?

A:証明書が検疫と入国時のPCR検査を免除されている国に行くときに使用できます。 外務省によると、8月18日現在、16の国と地域が日本のワクチンパスポートを受け入れています。 予防接種が先導するヨーロッパや、観光が景気回復の鍵となる国々には、それらの多くがあります。

Q:日本人が多いアメリカ、中国、韓国で使えますか?

A:米国は、全国レベルでのワクチンパスポートの導入を一時停止しています。 韓国では予防接種の証明書として認められていますが、検疫の免除には他の書類が必要です。 中国は現在、ワクチン接種を受けた人々に対してそのような検疫の免除を提供していません。

Q:予防接種のパスポートが受け入れられている国では、パンデミック前のように観光に行くことはできますか?

A:これは簡単ではありません。 日本人で帰国したとしても、コロナウイルス検査結果が陰性であることを証明するものが必要で、14日間現地検疫にかけられます。 日本の経済界からは、帰国後の検疫を免除するよう呼びかけられていますが、現状では難しいでしょう。

(政治ニュース課小野朋子原作)

READ  搭乗中のワーカホリック:日本の急行列車がリモートワークカーをデビュー