Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ノッティンガム・フォレスト、マンチェスター・ユナイテッド戦での敗戦で主審スチュアート・アトウェルに対する正式な苦情を検討中

ノッティンガム・フォレスト、マンチェスター・ユナイテッド戦での敗戦で主審スチュアート・アトウェルに対する正式な苦情を検討中

ノッティンガム・フォレストは、マンチェスター・ユナイテッド戦の敗北における主審スチュアート・アトウェルとその関係者のパフォーマンスに対して「憤り」を表明したことを受け、PGMOLに正式に苦情を申し立てることを検討している。

フォレストのオーナーであるエヴァンゲロス・マリナキス氏とコーチのスティーブ・クーパー氏は、土曜日のオールド・トラッフォード戦でチームに対して数々の決定が下されたことに激怒した。

マリナキス氏はアテネの本拠地からユナイテッドの試合を観戦しており、アトゥエル氏の申し出に当然のことながら激怒しており、このギリシャ人実業家は、一貫して劣悪な基準とみなすものに対して行動を起こす用意ができているとのことだ。

ジョー・ウォラルは後半、ペナルティーエリア外でブルーノ・フェルナンデスにタックルをして退場となり、ウィリー・ボーリーがボールをカバーするディフェンダーのように見えたにもかかわらず、フォレストのキャプテンが最後の一人と判断され、アトウェルはファーの支持を得てその判定を楽しんだ。

その後、マーカス・ラッシュフォードがフォレストのミッドフィールダー、ダニーロにファウルを受け、途中出場のスコット・マクトミネイは、チェイホウ・クヤテの顔を蹴った後、イエローカードを提示されただけだった。

アトウェルのパフォーマンスに対するフォレストの懸念は、2021/22シーズンのボーンマスとのチャンピオンシップ戦で、元ストライカーのサム・サリッジがオフサイドの誤った判定を受けてペナルティを与えられた際の主審のパフォーマンスに起因していると理解されている。

オールド・トラッフォードで行われた土曜日の試合は、アトウェルにとって2022年5月の試合以来、フォレストにとって初めての試合となった。

また、ウルブスのストライカー、ササ・カライジッチがユナイテッドのゴールキーパー、アンドレ・オナナにファウルを受けたとみられるものの、PKが与えられなかったため、相手監督が審判の判定にイライラするのはオールド・トラッフォードでの2試合連続でもある。

「このようなゲームでは、皆さんはただ、今後の幸運を祈りたいとも思いませんが、物事があるべき姿であってほしいと願うだけだと思います」とクーパー氏は語った。

「トラブルに巻き込まれたくないので、決定についてはあまり話しませんが、私が驚いたのは、その瞬間の決定がどれほど迅速だったかということです。

「今おわかりのように、試合を形作る決定という点では、おそらく今日あなたもそうでしたが、特にトップレベルでは審判に少し時間がかかる傾向があります。ですから、その時は本当に驚きました」私はそれを見て、すべてがどれほど早く起こったかを知りました。

「自分の思い通りに進むためには、物事が必要なだけだ。私が本当に感じている限り、私はただ舌を噛むだけだ。もちろん、それらは試合を決定づける瞬間だった。ただし、他にも何かはあったが。」

READ  今日のスポーツニュース:あなたが知る必要があること