Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ノルウェーの誰かが日本にゼロCO2の「グリーンアンモニア」を供給しているようです

東京-世界最大の肥料会社の1つであるノルウェーのヤラインターナショナルは、日本が石炭の代わりに化学物質を使用することを計画しているため、オーストラリアで再生可能エネルギーを使用してアンモニアを生産しているようです。 CEOのSwineDoor Wholesherは最近、ナイキとのオンラインインタビューで明らかにしました。

同社は、燃焼時に二酸化炭素を排出しないアンモニアのサプライチェーンを構築することを目指しています。

アンモニアは主に肥料として使用されますが、日本が気候変動と戦うためによりクリーンなエネルギー源に移行するにつれて、より高い排出量が石炭の転換に役立つと予想されます。

誰かのプロジェクトは、フランスの電力会社NGと共同で、西オーストラリア州ビルバラ地域のアンモニアプラントに加水分解システムを招待して、太陽エネルギーを使用して水素を生成しています。

2023年末から始まるパイロットプロジェクトとして、水素を使用して、再生可能エネルギー源から生成される炭素を含まない「グリーンアンモニア」を生成します。 容量は年間3,700トンと少なくなります。

ビルパラ工場の年間生産能力は、世界の商業用アンモニアの約5%です。

「それはアンモニアプラントの設計に依存します」とHolcetherは言いました。 「しかし、それらのいくつかについては、プラントの隣で水素を生成し、それをシステムに供給して、生産能力の最大約10%にすることができます」と、大規模な再設計が必要になります。

Swine DoorWholesalerはYaraInternationalのCEOです。 ノルウェーの会社は、世界中で17のアンモニアプラントを運営しています。

世界中に17のアンモニアプラントを持っているヤラは、ノルウェーとオランダで「グリーンアンモニア」を生産することを計画しています。

日本では、生産と輸送の技術とインフラがすでに整っているため、政策立案者と電力部門は、アンモニアを脱炭素化を達成するための実行可能な方法と見なしています。

国内最大の電力生産者であるゼラは、中央日本のヘクニン発電所で石炭燃料の20%をアンモニアに置き換えることにより、2024年にCO2排出量を20%削減しています。

ザラは、天然ガスから「ブルーアンモニア」を生成することは可能かどうかを調査する誰かに同意しますが、ビルバラ工場でCO2を回収して貯蔵します。

2020年に発表された日本の長期クリーンエネルギープログラムでは、2050年までに電力供給の10%を生成するために水素とアンモニアを使用することが求められています。 政府は、アンモニアの年間需要が2030年までに330トンに達すると予想しています。

アンモニアの価格は、エネルギー変換において役割を果たすために重要になる可能性があります。 推定によると、取り扱いが容易な燃料は水素よりも安価に電力を生産できることが示されています。

日本のアンモニア推計によると、石炭火力発電の電力は、1キロワット時あたり10.4円(9.4セント)であるのに対し、アンモニアのみを燃料とする発電所は23.5円です。 しかし、水素燃料発電所の価格は1キロワットあたり97.3円です。

「CO2のコストがなければ、グリーンアンモニアは今日では匹敵しません」とホルセザー氏は述べています。 「しかし、グリーンアンモニアは、他のゼロエミッション燃料や再生可能燃料よりも競争力があります。」

READ  日本のデンジブロック舗装ガイドは盲目です